チェックアウトを有効化する

セキュリティ管理者は、チェックアウトを有効にするアカウントを定義し、最大チェックアウト時間を設定できます。また、ポリシーの作成時に最大チェックアウト時間を上書きして脅威検出の間に1つ以上のアカウントにチェックインを強制することもできます。

開始する前に

  • リソースグループはすでに作成済みです。

  • Okta Privileged Accessセキュリティ管理者ロールが割り当てられている必要があります。

  • ユーザーは[Project Settings(プロジェクト設定)]内の[Privileged Accounts(特権アカウント)]に追加されます。

  • 要件と制限」を確認します。

チェックアウトを有効化する

  1. Okta Privileged Accessダッシュボードを開きます。

  2. [Resource Management(リソース管理)]をクリックします。

  3. 構成するプロジェクトが含まれているリソースグループを選択します。

  4. プロジェクト作成していないときは、作成するか利用できるプロジェクトを選択します。

  5. [Settings(設定)]タブに移動します。

    アクション タスク
    チェックアウト 単一ユーザーの共有アカウントへのアクセスを制限し、リソースへのアクセスが許可される最大時間を制御します。

    [Enable Checkout for(チェックアウトを有効化)]で次の手順を完了します。

    1. 次のいずれかのオプションを選択します。

      • Include managed resources(管理対象リソースを含める)

      • Exclude resources(リソースを除外する)

      • Include resources(リソースを含める)

    2. [Include managed resources(管理対象リソースを含める)]を選択した場合、チェックアウトはプロジェクト内のすべてのリソースに適用されます。[Exclude resources(リソースを除外する)]または[Include resources(リソースを含める)]を選択したときは、いくつかの追加手順が必要になります。

    3. [Exclude resources(リソースを除外)]をクリックしたときは、除外するリソースを選択します。

    4. [Include resources(リソースを含める)]をクリックしたときは、含めるリソースを選択します。

    5. 最大チェックアウト時間を選択します。デフォルトでは、チェックアウト時間は30分に設定されます。

  6. [Save(保存)]をクリックします。

関連項目

チェックアウト