リソースセットを作成する

orgのユーザーグループ、ワークフロー、認可サーバー、アプリ、カスタマイズのコレクションを作成します。リソースセットを作成したら、orgの管理者とロールにそのリソースセットを割り当てることができます。

はじめに

このタスクを開始する

  1. Admin Consoleで、[Security(セキュリティ)] [Administrators(管理者)]に移動します。

  2. [Resources(リソース)]タブに移動します。[Resources(リソース)]タブには、以前に作成したリソースセットとその説明のリストが表示されます。このページからリソースセットを編集することもできます。

  3. [Create new resource set(新しいリソースセットを作成する)]をクリックします。[Create new resource set(新しいリソースセットを作成する)]ページが開きます。

  4. [Resource set name(リソースセット名)]フィールドにリソースセットの名前を入力します。含まれるリソースについてわかりやすい名前を選択してください。

  5. 任意。[Resource set description(リソースセットの説明)]フィールドに、リソースセットの簡単な説明を入力します。

  6. [Add Resources(リソースを追加する)]セクションに、次の値を入力します。

    リソースタイプ

    リソース

    コメント

    Users(ユーザー)

    次のグループからユーザーを追加する

    グループ名を入力してそのグループのすべてのユーザーを追加します。

    リソースを組織内のすべてのユーザーに制限する場合は、[Constrain to all users(すべてのユーザーに制限)]を選択します。

    これらのリソースをロールに制限すると、ロールのユーザー権限がリソースに影響し、管理者はここで選択したグループ内のユーザーを管理できることに注意してください。「ロールの権限について」を参照してください。

    Groups(グループ)

    グループを追加する

    グループ名を入力してリソースを管理者に制限します。

    リソースを組織内のすべてのグループに制限する場合は、[Constrain to all groups(すべてのグループに制限)]を選択します。

    ロールのグループ権限を持つ管理者の割り当てにこれを使用すると、代理管理者がグループ権限を持つグループは制限されます。「ロールの権限について」を参照してください。

    アプリケーション

    アプリケーションを追加する

    アプリケーション名を入力して、リソースを管理者に制限します。

    アプリとアプリインスタンスをリソースとして追加できます。リソースは、すべてのアプリケーションおよびプロファイルソース権限に適用されます。「カスタムロールの割り当てを作成するためのベストプラクティス」を参照してください。

    リソースを組織内のすべてのアプリケーションに制限する場合は、[Constrain to all applications(すべてのアプリケーションに制限)]を選択します。

    アプリの種類(すべてのSalesforceアプリなど)または特定のアプリインスタンスを選択できます。

    Workflows

    委任されたフローを追加する

    ワークフロー名を入力してリソースを管理者に制限します。

    リソースを組織内のすべての委任フローに制限する場合は、[Constrain to all delegated flows(すべての委任されたフローに制限)]を選択します。

    Customizations(カスタマイズ)

    すべてのカスタマイズ N/A

    これらの管理者は、ブランドの作成と削除、カスタムドメインの追加と管理、メールドメインの追加と管理、SMSの管理、一般的なカスタマイズ設定の構成を行うことができます。

    Authorization Server(認可サーバー)

    認可サーバーを追加する

    認可サーバー名を入力してリソースを管理者に制限します。

    リソースを組織内のすべての認可サーバーに制限する場合は、[Constrain to all authorization servers(すべての認可サーバーに制限)]チェックボックスを選択します。

    管理者は、ロールがすべての認可サーバーにスコープされている場合にのみ、新しい認可サーバーを作成できます。

    IDプロバイダー すべてのIdP N/A

    これらの管理者は、すべてのIdPを追加および管理できます。

    早期アクセスリリース。「早期アクセス機能とBeta機能を管理する」を参照してください。

    デバイス すべてのデバイス N/A

    これらの管理者は、すべてのデバイスを管理および表示できます。デバイスに対して実行できる操作の詳細については、「デバイスライフサイクル」を参照してください。

    早期アクセスリリース。「早期アクセス機能とBeta機能を管理する」を参照してください。

    IDとアクセスの管理

    IDおよびアクセス管理のすべてのリソース N/A

    これらの管理者は、組織内でのロール、リソース、管理者の割り当てを表示できます。

    早期アクセスリリース。「早期アクセス機能とBeta機能を管理する」を参照してください。

  7. [Save resource set(リソースセットを保存)]をクリックします。作成したリソースセットは[Resources(リソース)]タブで確認できます。

Oktaソースのグループ・ADソースのグループ・LDAPソースのグループをリソースとして使用できます。ただし、次の権限はADソースのグループおよびLDAPソースのグループに対しては適用されません。

  • ユーザーの作成

  • ユーザーのAuthenticator操作を管理

  • ユーザーのプロファイル属性を編集

  • グループメンバーシップの管理

次の手順

リソースセットを使用して管理者の割り当てを作成する