独自のメールプロバイダーを使用する

Oktaでは、メール通知の送信に外部のメールプロバイダーを利用できます。歓迎メールやアカウント復旧メールなどのメール通知は、デフォルトではOktaが管理するSMTPサーバー経由で送信されます。ただし、Oktaでサードパーティメールプロバイダーを構成し、そのプロバイダーを介してメールを送信することができます。

カスタムメールプロバイダーの追加は、メール配信の一層のコントロールをユーザーに提供します。

  • ビジネス要件と規制要件に見合ったメールプロバイダーを利用できます。たとえば、特定の地理的な場所にデータセンターを有するメールプロバイダーを選択できます。メールのIPアドレスのコントロールをユーザーに提供するプロバイダーを選択することもできます。
  • メールプロバイダーは、送信するメールに関する詳細なメトリクスやインサイトを提供します。たとえば、メール配信のステータスや、ユーザーによる使用状況などが得られます。

はじめに

  • 外部のメールプロバイダーをセットアップします。

  • SMTPに関する次の詳細情報を手元に用意します。
    • ホスト:SMTPサーバーのホスト名またはIPアドレス(例:your.smtp.host.com)。
    • ポート:SMTPサーバーが使用するポート。数値である必要があります(例:465)。
    • SMTPユーザー名:自分のSMTPユーザー名。
    • SMTPパスワード:自分のSMTPパスワード。

この手順を開始する

Oktaでメールプロバイダーを構成するときは、最初に追加とテストを行います。その上で、そのブランドをOktaに追加します。すでに追加されているメールプロバイダーを編集または削除することもできます。

カスタムメールプロバイダーを追加する

カスタムメールプロバイダーをorgレベルで追加します。orgに追加できるのは1つの外部SMTPプロバイダーのみです。

  1. 管理コンソール[Customizations(カスタマイズ)][Email provider(メールプロバイダー)]に移動します。
  2. [Add custom email provider(カスタムメールプロバイダーを追加)]をクリックします。
  3. SMTPの詳細([Host(ホスト)][Port(ポート)][SMTP username(SMTPユーザー名)][SMTP password(SMTPパスワード)])を入力します。
  4. [Save(保存)]をクリックします。新しいプロバイダーが追加されます。
  5. テストメールを送信して正しく機能することを確認します。
  6. [Use custom email provider(カスタムメールプロバイダーを使用)]に切り替えます。

テストメールを送信する

テストメールを送信してメールプロバイダーがOktaに正しく構成されたことを確認します。

  1. 管理コンソール[Customizations(カスタマイズ)][Email provider(メールプロバイダー)]に移動します。
  2. [SMTP server(SMTPサーバー)]の下の[Send test email(テストメールを送信)]をクリックします。ポップアップウィンドウが表示されます。
  3. ウィンドウに[From(送信元)]アドレスと[To(宛先)]アドレスを追加します。
    • [From(送信元)]送信元アドレスは、必ずSMTPサーバーで検証されます。
    • [To(宛先)]:テストメールの送信先となるアドレスです。
  4. [Send test email(テストメールを送信)]をクリックします。
  5. メールが送信され、通知が表示されます。

カスタムメールドメインをブランドに追加する

カスタムメールドメインをブランドに追加します。ブランドごとにカスタムメールドメインを追加する必要があります。

  1. 管理コンソール[Brands(ブランド)]に移動します。
  2. カスタムメールの追加先ブランドをクリックします。
  3. [Brand(ブランド)][Domains(ドメイン)][Email domain(メールドメイン)]に移動します。
  4. デフォルトokta.comドメインの横の[Add email domain(メールドメインを追加)]をクリックします。
  5. メール送信者のメールアドレスと名前を追加します。ユーザーの受信ボックスにはこの情報が表示されます。
  6. [Next(次へ)]をクリックします。
  7. まだ構成していない場合は、メールプロバイダーを構成します。「カスタムメールプロバイダーを追加する」を参照してください。
  8. [Verify(確認)]をクリックします。メールプロバイダーがブランドに追加され、[Domains(ドメイン)][Email domain(メールドメイン)]に表示されるようになります。
  9. ブランドごとに手順を繰り返します。

カスタムメールプロバイダーを削除する

orgのカスタムメールプロバイダーを削除します。プロバイダーを削除すると、orgのどのブランドもそのプロバイダーを使用しなくなります。メールはデフォルトのokta.comメールから送信されます。

  1. 管理コンソール[Customizations(カスタマイズ)][Email provider(メールプロバイダー)]に移動します。
  2. メールプロバイダーの横の[Delete(削除)]アイコンをクリックします。[Remove email provider(メールプロバイダーの削除)]ウィンドウが表示されます。
  3. [Remove email provider(メールプロバイダーの削除)]をクリックします。

カスタムメールプロバイダーを編集する

  1. 管理コンソール[Customizations(カスタマイズ)][Email provider(メールプロバイダー)]に移動します。
  2. メールプロバイダーの横の[Edit(編集)]アイコンをクリックします。[Edit custom email provider(カスタムメールプロバイダーの編集)]ウィンドウが表示されます。
  3. メールプロバイダーを編集します。
  4. [Save(保存)]をクリックします。

関連トピック

ブランディング