CSVファイルからユーザーをインポート

ユーザー情報のCSVファイルをアップロードすることで、新規ユーザーを追加したり既存のOktaユーザーをアップデートしたりできます。この操作には、インポートされたデータの検証およびエラー報告も含まれます。

  1. Admin Console[Directory(ディレクトリ)][People(ユーザー)]に進みます。
  2. [More Actions(その他のアクション)]をクリックし、[Import Users From CSV(CSVからユーザーをインポート)]を選択します。
  3. [Import Users from CSV(CSVからユーザーをインポート)]ウィンドウで、このテンプレートリンクをクリックしてCSVファイルのテンプレートをダウンロードします。
  4. テンプレートには現在のOktaユーザープロファイルで定義されたすべての属性のヘッダーが含まれています。

  5. 属性フィールド(loginfirstNamelastNameemail)に入力します。

最初の行の見出しを削除しないでください。以降の行には、1行ごとにユーザーとすべての必須情報が正しい列に入力されていなければなりません。入力データを引用符で囲む必要はありません。必須属性でなく、かつすべての行で同じ列を空白にしない限り、列を空白にしないでください。,,および,"",のエントリは同一であり、空の文字列として扱われます。

  1. [Upload CSV(CSVのアップロード)]をクリックします。

検証プロセスが実行され、ファイルの形式が正しいか確認されます。

  1. エラーがあれば修正し、成功のメッセージが表示されたら[Next(次へ)]をクリックします。
  2. [Import Users from CSV(CSVからユーザーをインポート)]ウィンドウで、以下のうち1つを選択します。
    • [Automatically activate new users(新規ユーザーを自動的にアクティベート)]:新しくインポートされたユーザーが自動的にアクティベートされます。
    • [Do not create a password and only allow login via Identity Provider(パスワードを作成せず、IDプロバイダー経由でのみログインを許可)]:新しくインポートされたユーザーにアクティベーションメールが送信されず、Oktaパスワードの設定プロンプトも表示されません。このオプションは、外部IDプロバイダーを介して認証するユーザーのみが使用することを推奨します。
    • [Do not create a password and only allow login via Identity Provider(パスワードを作成せず、IDプロバイダー経由のログインのみを許可する)]オプションを編集するには、[Automatically activate new users(新しいユーザーを自動的にアクティブ化する)]が有効になっていることを確認します。
  3. [Import Users(ユーザーのインポート)]をクリックします。

OktaはCSVファイルが正しくフォーマットされ、すべての属性要件が満たされているか検証します。新規ユーザー数、アップロードされたユーザー数、未変更のユーザー数、およびエラーが発生したユーザー数のリストが概要に一覧表示されます。エラーが見つかった場合、[Download(ダウンロード)]リンクをクリックしてエラーレポートを表示します。