ステップ3:Else分岐の作成

  1. If/Else分岐の [Run when False (Falseなら実行)] 部分で、[Add Another (他を追加)] > [Function (関数)] > [Branching (分岐)] > [Continue/If (継続条件)]の順にクリックします。
  2. カスタムAPIアクション カードの[Body (本文)]をドラッグして、Continue Ifカードの[value a (値a)]フィールドにドロップします。

  3. 比較フィールドで、[is not empty]を選択します。

  4. [Add Another (他を追加)] > [Function (関数)] > [Date & Time (日時)] > [Now (今)]の順にクリックします。

  5. [Add Another (他を追加)] > [Function (関数)] > [Date & Time (日時)] > [Unix]の順にクリックします。

  6. Nowカードから[date (日付)]フィールドをドラッグして、Unixカードの[start (開始)]フィールドにドロップします。

  7. Unixカードの[output (出力)]フィールドをクリックして、[Customize (カスタマイズ)]を選択します。

  8. Unixカードの名前表示フィールドに、generatedIDと入力します。

  9. [Add Another (他を追加)] > [Function (関数)] > [Text (テキスト)] > [Concatenate (連結)]の順にクリックします。

  10. 最初のConcatenateカードからプレフィックス値をドラッグして、新しいConcatenateカードの[text1]にドロップします。

  11. Unixカードから[generatedID]をドラッグして、新しいConcatenateカードの[text2]にドロップします。

  12. 入力フィールドに、好みのドメイン名を (後ろに@domain.comを付けて) 入力します。

  13. Concatenateカードの[output (出力)]フィールドをクリックして、[Customize (カスタマイズ)]を選択します。

  14. 名前表示フィールドに_unique_email_address_と入力します。

  15. If/Else分岐の[Run when FALSE (FALSEなら実行)]部分で、[Add Another (他を追加)] > [Function (関数)] > [Text (テキスト)] > [Compose (構成)] の順にクリックします。

  16. 以下を入力します。

{ "commands": [ { "type": "com.okta.appUser.profile.update", "value": { "email": "" } } ]}

  1. Concatenateカードから[emailaddress]フィールドをドラッグして、Composeカードの空白スペース (「email」の後) にドロップします。

  2. Composeカードの[output (出力)] フィールドをクリックして、[Customize (カスタマイズ)] を選択します。

  3. 名前表示フィールドにimport_inlinehook_responseと入力します。

  4. If/Else分岐の[Run when FALSE (FALSEなら実行)] 部分で、[Add Another (他を追加)] > [Function (関数)] > [Flow Control (フロー制御)] > [Return Raw (未加工で返す)]の順にクリックします。

  5. Composeカードの[import_inlinehook_response]フィールドをドラッグして、Return Rawカードの本文にドロップします。

  6. [Save (保存)]をクリックして、フローに名前を付けます。必ず、[Save Al Data (すべてのデータを保存)]を選択してください。

  7. Workflowコンソールで[Flow is OFF (フローがオフ)][ON (オン)]に切り替えます。

次のステップ

ステップ4:フローのトリガー