ステップ3:フローへのExcelスプレッドシートの追加

  1. Workflowsコンソールで、[Add Another (他を追加)] > [App Action (アプリのアクション)]の順に進みます。

  2. アプリケーションのメニューから[Excel]を選択して、[Actions (アクション)]メニューから[Add Rows (行の追加)]を選択します。

  3. Add Rowsカードで、[Workbook (ワークブック)]メニューから[User Suspension Report (ユーザー使用停止レポート)]を選択します。

  4. Add Rowカードで、[Worksheet (ワークシート)]メニューから該当のシート番号を選択して、[Done (完了)]をクリックします。

  5. テーブルのフィールドを以下のとおり対応付けます。

  • User Suspendedカードからユーザーの[Alternate ID (別ID)]フィールドをドラッグして、Create Rowカードの[Column A (列A)]フィールドにドロップします。

  • User Suspendedカードから[Display Name (表示名)]フィールドをドラッグして、Create Rowカードの[Column B (列B)]フィールドにドロップします。

  1. [Save (保存)]をクリックして、フローに名前を付けます。必ず、[Save Al Data (すべてのデータを保存)]を選択してください。

  2. Workflowコンソールで[Flow is OFF (フローがオフ)][ON (オン)]に切り替えます。

次のステップ

ステップ4:フローのトリガー