ステップ4:フローのカスタマイズ

自分のアクションを使用してフローをカスタマイズする機能は、Okta Workflowsプラットフォームの中核機能です。お客様によると、通知の追加は、識別フローにおける一般的な使用事例です。これを例として、Okta Workflowsのカスタマイズ機能の理解を助ける作業を以下に示します。

ユーザーの作成後に通知が送信されるよう、フローを変更しましょう。この例ではGmailを使用しますが、後のステップでSlackまたはOffice 365を代わりに使用してかまいません。

  1. 共有フォルダーで、Create User in Salesforceフローの[Date Created (作成日)]列にカーソルを合わせ、[Duplicate (複製)]をクリックします。

  1. 複製フロー (「COPY」という単語が付けられたフロー) を選択し、名前を「Create User in Salesforce and Send Notification」に変更します。
  2. 新しいフローに名前を付け、説明事項を記入したら、このフローの履歴を保持するため、ボックスにチェックを入れます。
  3. If/Else分岐のCreate Userカードまで、右にスクロールします。[Add Another (他を追加)]メニュー (If/Else分岐内) をクリックして、[App Action (アプリのアクション)]を選択します。
  4. [Applications (アプリケーション)]メニューで、[Gmail]を選択します。
  5. Gmailの[Actions (アクション)]メニューで、[Send Email (メールの送信)]を選択します。

  1. [New Connection (新規接続)]ウィンドウで、Gmailアカウントを確認して、[Create (作成)]をクリックします。接続が有効ではなくなった場合、歯車アイコンをクリックして、[Reauthorize (再認証)]を選択します。
  2. 新しいSend Emailカードをテストします。メール アドレス、件名、テスト メッセージを入力して、カードの[Test (テスト)]アイコンをクリックします。

ここで、前のフィールドからの入力を要求する実際のメッセージを追加しましょう。

  1. [Add Another (他を追加)]メニューで、[Function (関数)]を選択します。
  2. [Functions (関数)]メニューで、[Compose (構成)]を選択します。

  1. Composeカードを左にドラッグし、Create User (Salesforce)カードとSend Email (Gmail)カードの間に配置します。

  1. Composeカードで、「 The workflow for the user with userName of [input userName] was completed」というメッセージを入力します。
  2. User Assigned to Salesforceイベントカードから[Okta User Alternate ID (Oktaユーザーの別ID)]をComposeカードにドラッグします。メッセージ本文にこのIDが見られる場合は、これを[input userName]フィールドにドラッグして、角括弧を削除します。
  3. Composeカードの出力をSend Emailカードの本文入力フィールドにドラッグします。

次のステップ

ステップ5:カスタムフローの保存とテスト