ステップ0:はじめに

前提条件

  • OktaとSlackの接続
  • Postman
  • Oktaプロファイルのカスタム属性 (以下を参照)

カスタム属性の追加

  1. 管理コンソールで、[Directory (ディレクトリー)] > [Profile Editor (プロファイルエディター)]に進みます。
  2. Oktaプロファイルを選択して、[Edit (編集)]をクリックします。
  3. Profile Editorで、[Add Attribute (属性の追加)]をクリックします。
  • [Data type (データ型)]フィールドで、booleanを選択します。
  • [Display Name (表示名)]フィールドで、「contractor」と入力します。
  • [Variable name (変数名)]フィールドで、「contractor」と入力します。
  • [Save (保存)][Add Another (他を追加)]をクリックします。
  • [Data (データ)]の型は「_string」のままにしておきます。
  • [Display Name (表示名)]フィールドで、「Activation Date」と入力します。
  • [Variable Name (変数名)]フィールドで、「activationDate」と入力します。
  1. [Save (保存)]をクリックします。

次のステップ

ステップ1:テーブルの作成