ステップ2:ユーザー作成フローの構築

  1. [Flows (フロー)]タブで、[Create a Flow Now (今すぐフローを作成)]をクリックします。
  2. フローに「1) User Created in Okta」という名前を付け、[Save All Data (すべてのデータを保存)]を選択します。[Save(保存)]をクリックします。
  3. [Add Event (イベントの追加)]をクリックして、アプリケーションのメニューから[Okta]を選択します。
  4. Oktaのイベントメニューで、[User Created (作成されたユーザー)]を選択します。
  5. [Add Acrion (アクションの追加)]をクリックして、アプリケーションのメニューから[Okta]を選択します。
  6. Oktaのアクションメニューで、[Read User (ユーザーの読み込み)]を選択します。
  7. [Attributes (属性)]リストで、Usename、First name、Last name、contractor、Activation Dateを選択します。[Done (完了)]をクリックします。
  8. User Createdカードから[Okta User ID (OktaユーザーID)]をドラッグして、Read Userカードの [ID] フィールドか [Login (ログイン)] フィールドにドロップします。
  9. [Add Another (他を追加)] > [Function (関数)] > [Branching (分岐)] > [Continue If (継続条件)]の順にクリックします。
  10. Continue Ifカードで、[value a (値a)]フィールドと[value b (値b)]フィールドの型をT/Fに変更します。
  11. Read Userカードから [contractor (請負業者)] フィールドをドラッグして、Continue Ifカードの [value a (値a)] フィールドにドロップします。
  12. Continue Ifカードで、[comparison (比較)] フィールドを[True]に設定します。
  13. Continue Ifカードで、[message (メッセージ)] フィールドに「 User is not a contractor」と入力します。
  14. フローを保存します。

次のステップ

ステップ3:期間の計算