ステップ3:値をRaw Requestカードに動的に入力する

ヘルパーフローでは、パラメーターを設定して、フローを個別にテストできます。

  1. 同じフローで[Add Event (イベントの追加)]をクリックして、[Helper Flow (ヘルパーフロー)]を選択します。
  2. [Inputs to this Flow (このフローへの入力)]フィールドにkey1value1key2value2を入力します。

  3. パラメーターには、キー値ペアを入力します。

  4. [Add Another (他を追加)] > [Function (関数)] > [If/Else] の順にクリックします。分岐関数を使用すると、フロー内のカードを簡単に排除できます。

  5. Branchingカードで、条件を「1=1」に設定して、[Done (完了)]をクリックします。

  6. HTTP Raw Request cardカードをドラッグして、[Run when FALSE]部分にドロップします。

  7. [Run when TRUE]部分で、[Add Another (他を追加)] > [Function (関数)] > [Assign (割り当て)]の順にクリックします。

  8. Assignカードで、以下のフィールドと値を作成します。

  • Method (メソッド)GET
  • Accept (承諾)application/json
  • Content-Type (コンテンツ型)application/json
  1. [Run when TRUE] 部分で、[Add Another (他を追加)] > [Function (関数)] > [Object (オブジェクト)] > [Construct (構築)]の順にクリックします。

  2. Constructカードで以下のフィールドを作成し、Assignカードの内容をドラッグします。

  • Content-Type
  • Accept
  1. [Run when TRUE]部分で、[Add Another (他を追加)] > [Function (関数)] > [Object (オブジェクト)] > [Set (設定)]の順にクリックします。

  2. Helper Flowカードのkey1value1をドラッグして、Setカードにドロップします。

  3. [Run when TRUE]部分で、[Add Another (他を追加)] > [Function (関数)] > [Object (オブジェクト)] > [Set (設定)]の順にクリックします。

  4. Helper Flowカードのkey2value2をドラッグして、Setカードにドロップします。

  5. [Run when TRUE]部分で、[Add Another (他を追加)] > [Function (関数)] > [Object (オブジェクト)] > [Merge (結合)]の順にクリックします。

  6. Setカードの出力をドラッグして、Mergeカードの[object 1]フィールドと[object 2]フィールドにドロップします。

  7. [Run when TRUE]部分で、[Add Another (他を追加)] > [Function (関数)] > [HTTP] > [Raw Resquest (未加工のリクエスト)]の順にクリックします。

  • [Merge (結合)]出力フィールドをドラッグして、[Raw Request (未加工のリスエスト)]クエリーフィールドにドロップします。

  • [Construct (構築)]出力フィールドをドラッグして、[Raw Request (未加工のリスエスト)]ヘッダーフィールドにドロップします。

  • ヘルパーフローの[url]フィールドをドラッグして、Raw Requestの[url]フィールドにドロップします。

  • クエリーとヘッダーのドラッグ先の出力フィールドの名前を付けることをおすすめします。

  1. フローを保存して、[Flow is OFF (フローがオフ)]スイッチを[ON (オン)]に切り替えます。

次のステップ

ステップ4:フローのテスト