Collaborated Created(コラボレーションの作成)

Boxでフォルダーのコラボレーションが作成された場合にフローをトリガーします。

コラボレーションの作成には、メールアドレス、ユーザーID、またはグループIDが使用されます。コラボレーションの作成にグループを使用した場合、このエンドポイントへのアクセスは、グループの招待される能力によって異なります。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Folder ID (フォルダーID) フォルダーの一意のID。 文字列TRUE

出力

フィールド定義タイプ
Event (イベント)
Event ID(イベントID)イベントの一意識別子。文字列
Event Type(イベントタイプ) このファイルを作成したイベントのタイプ。

たとえば、Webhook Event

文字列
Event Time(イベント時刻)Boxでイベントがトリガーされた日時。Date and Time(日時)
Webhook IDこのイベントをトリガーしたWebhookの一意識別子。文字列
Event(イベント)イベントをトリガーしたイベントの名前。文字列
Collaboration(コラボレーション)
Collaboration ID(コラボレーションID)このコラボレーションの一意識別子。文字列
Time Created(作成日時)Boxでコラボレーションが作成された日時。Date and Time(日時)
Time Modified(変更日時)コラボレーションが最後に変更された日時。Date and Time(日時)
Expires At(有効期限)コラボレーションの有効期限。未設定の場合はnull。Date and Time(日時)
Acknowledged At(承認日時)コラボレーションオブジェクトのステータスがacceptedまたはrejectedに変更された日時。文字列
Accessible By(アクセス可能)
Type(タイプ)アクセス権が付与されたユーザーまたはグループ。文字列
IDユーザーまたはグループの一意識別子。文字列
Name(名前)ユーザーまたはグループの表示名。文字列
Login(ログイン)ユーザーまたはグループのプライマリーメールアドレス。文字列
Invite Email(招待メール)登録ユーザーでないコラボレーターの招待に使用されるメールアドレス。文字列
Role(ロール)付与されるアクセス権のレベル。文字列
Item Name(アイテム名)アイテムの名前。文字列
Item ID(アイテムID)アイテムを表す一意識別子。文字列
Item Type(アイテムタイプ)アイテムのタイプ。文字列
Item Status(アイテムステータス)アイテムが削除済みであるかどうかを識別します。文字列
Created By (作成者)
Name(名前)コラボレーションを作成したユーザーの名前。文字列
User ID(ユーザーID)ユーザーの一意識別子。文字列
Email(メール)ユーザーのメールアドレス。文字列
Additional Info(追加情報)
Additional Info(追加情報)Boxから返される追加情報。オブジェクト
コンテキスト
Execution ID(実行ID)Webhookイベントの実行識別子。文字列

追加情報

以下の制限に注意してください。

  • Webhookは、認証済みユーザーのアプリケーションのアイテム(たとえば、ファイルまたはフォルダー)ごとに1つです。

  • Webhooksは、ユーザーのアプリケーションごとに1000です。

  • ルートフォルダーではWebhookをトリガーできません。

関連項目

Boxコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Box APIドキュメンテーション