Folder Created(フォルダーの作成)

選択しているフォルダー内でフォルダーが作成、移動、またはアップロードされた場合にフローをトリガーします。

出力

フィールド定義タイプ
Event (イベント)
Event ID(イベントID)イベントの一意識別子。文字列
Event Type(イベントタイプ) このフォルダーを作成したイベントのタイプ。

たとえば、Webhook Event

文字列
Event Time(イベント時刻)Boxでイベントがトリガーされた日時。Date and Time(日時)
Webhook IDこのイベントをトリガーしたWebhookの一意識別子。文字列
イベントイベントをトリガーしたイベントの名前。文字列
Folder(フォルダー)
Folder Name(フォルダー名)フォルダーの名前。文字列
Folder ID(フォルダーID)フォルダーを表す一意識別子。文字列
Folder Description(フォルダーの説明)このフォルダーの説明。文字列
Sequence ID(シーケンスID)シーケンスの一意識別子。このアイテムに適用された最新のユーザーイベントを表す数値識別子。文字列
Size(サイズ)フォルダーのサイズ(バイト単位)。数値
Path(パス)ルートで始まるパス。文字列
Time Created(作成日時)このフォルダーが最初に作成された日時。Boxへのアップロード前である可能性があります。Date and Time(日時)
Time Modified(変更日時)フォルダーが最後にBoxに更新された日時。Date and Time(日時)
Time Content Created(コンテンツ作成日時)このフォルダーが最初に作成された日時。Boxへのアップロード前である可能性があります。Date and Time(日時)
Time Content Modified(コンテンツ変更日時)このフォルダーが最後に更新された日時。Boxへのアップロード前である可能性があります。Date and Time(日時)
Parent Folder Name(親フォルダー名)親の名前を表す一意識別子。文字列
Parent Folder ID(親フォルダーID)親フォルダーを表す一意識別子。文字列
Folder Upload Email(フォルダーアップロードメール)このフォルダーのアップロードメールアドレス(オプション)。文字列
Item Status(アイテムステータス)このアイテムが削除済みであるかどうかを識別します。文字列
Share Link(共有リンク)
Share URL(共有URL)Boxでアイテムへのアクセスに使用できるURL。 文字列
Vanity URL(バニティーURL)Boxでアイテムのプレビューにも使用できるカスタムURL。カスタムURLの作成または変更は、Box Webアプリケーション内でのみ実行できます。文字列
Password Enabled(パスワード有効化) アイテムへのアクセス時に共有リンクがパスワードを必要とする場合はTrue、それ以外の場合はFalseブーリアン
Time Unshared(共有解除日時)リンクが共有解除された日時。Date and Time(日時)
Download Count(ダウンロード回数)このアイテムがダウンロードされた回数。数値
Preview Count(プレビュー回数)このアイテムがプレビューされた回数。数値
Access Level(アクセスレベル) 共有リンクのアクセスレベル。

たとえば、EditまたはView

文字列
Can Download?(ダウンロード可能?) アイテムのダウンロードが共有リンクで許容される場合はTrue、それ以外の場合はFalse。フォルダーの共有リンクでは、フォルダー内の任意のアイテムにも適用されます。 ブーリアン
Can Preview?(プレビュー可能?)アイテムのプレビューが共有リンクで許容されるかどうかを定義します。許容されない場合はFalse。フォルダーの共有リンクでは、フォルダー内の任意のアイテムにも適用されます。ブーリアン
Created By (作成者)
Name(名前)フォルダーを作成したユーザーの名前。文字列
User ID(ユーザーID)フォルダーを最後に作成したユーザーの一意識別子。文字列
Email(メール)フォルダーを作成したユーザーのメールアドレス。文字列
Owned By (所有者)
Name(名前)フォルダーを所有しているユーザーの名前。文字列
User ID(ユーザーID)フォルダーを最後に所有していたユーザーの一意識別子。文字列
Email(メール)フォルダーを所有しているユーザーのメールアドレス。文字列
Additional Info(追加情報)
Additional Info(追加情報)Boxから返される追加情報。 オブジェクト
コンテキスト
Execution ID(実行ID)Webhookイベントの実行識別子。文字列

追加情報

以下の制限に注意してください。

  • Webhookは、認証済みユーザーのアプリケーションのアイテム(たとえば、ファイルまたはフォルダー)ごとに1つです。

  • Webhooksは、ユーザーのアプリケーションごとに1000です。

  • ルートフォルダーではWebhookをトリガーできません。

関連項目

Boxコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Box APIドキュメンテーション