ファイルのダウンロード

ファイルパス、ファイルID、またはファイルリビジョン番号を使用して、Dropbox for Businessからファイルをダウンロードします。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Search By (検索条件) ダウンロード時にファイルを識別する方法を示します。選択肢は以下のとおりです。
  • File Path (ファイルパス)

  • File ID (ファイルID)

  • File Revision Number (ファイルリビジョン番号)

ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
Search File By (ファイル検索条件)
ファイルパス ([File Path]オプションが選択された場合) アップロードされたファイルの場所のパス (例:/Homework/math/Prime_Numbers.txt) を表示します。 ドロップダウンTRUE
ファイルID ([File ID]オプションが選択された場合)アップロードされたファイルの一意識別子 (例:id:a4ayc_80_OEAAAAAAAAAXw)。ドロップダウンTRUE
ファイルリビジョン番号 ([File ID]オプションが選択された場合)アップロードされたファイルの最新版の一意識別子 (例:rev:a1c10ce0dd78)。 ドロップダウンTRUE
注意

ファイルの最小サイズは1バイト、最大サイズは2 GBです。「Workflowsのシステム制限」を参照してください。

Dropbox for Business APIには、最大150 MBまでファイルをアップロードできます。

出力

フィールド定義タイプ
Metadata Info (メタデータ情報)
Name (名前) アップロードされたファイルの名前 (例:Prime_Numbers.txt)。 文字列
File ID (ファイルID)アップロードされたファイルの一意識別子(例:id:a4ayc_80_OEAAAAAAAAAXw)。文字列
Path (パス)アップロードされたファイルのパス (例:/Homework/math/Prime_Numbers.txt) を表示します。 文字列
Revision Number (リビジョン番号) アップロードされたファイルの最新版の一意識別子 (例:rev:a1c10ce0dd78)。

この値は、Dropbox for Business APIの他の場所でも同じリビジョン番号となり、変更の検出と競合の回避に使用できます。

文字列
Client Time Modified (クライアント変更日時) client_modifiedタイムスタンプの値。Dropboxは、ファイルがDropboxサーバーに書き込まれた日時を自動的に記録します。Dropboxは、Dropboxのデスクトップクライアント、モバイルクライアント、APIアプリによって提供される、ファイルが実際に作成または変更された時点のタイムスタンプも別途記録できます。このタイムスタンプは、「Y-%m-%dT%H:%M:%SZ」の形式を取ります。 日付&時刻
Server Time Modified(サーバー変更日時)Dropboxでファイルが最後に変更された日時。このタイムスタンプは、「Y-%m-%dT%H:%M:%SZ」の形式を取ります。日付&時刻
Size(サイズ)ファイルのサイズ (バイト単位)。文字列
File Content (ファイルコンテンツ)Workflowsファイルシステムからアップロードしたいファイルコンテンツ。File (ファイル)
Is Downloadable? (ダウンロード可能?)Trueの場合は、ファイルを直接ダウンロードできることを示します。Trueではない場合は、ファイルをエクスポートする必要があります。ブーリアン
Has Explicit Shared Members? (明確な共有メンバーが存在する?)ファイルに明確な共有メンバーが存在するかを示します。ブーリアン
Content Hash (コンテンツハッシュ)ファイルコンテンツのハッシュ。このフィールドは、データの完全性を検証するために使用できます。 文字列
Symlink Info (シンボリックリンクの情報)
Target (ターゲット)このシンボリックリンクが指すターゲット。文字列
Sharing Info (共有情報)
Read Only? (読み取り専用?)Trueの場合は、ファイルまたはフォルダが読み取り専用の共有フォルダ内に存在することを示します。ブーリアン
Parent Shared Folder ID(親共有フォルダーID)このファイルを格納している共有フォルダのID。文字列
Modified By(変更者)ファイルを最後に変更したユーザー。ユーザーのアカウントが削除されると、このフィールドはNULLになります。文字列
Export Info (エクスポート情報)
Export As (エクスポート形式)ファイルをエクスポートできる形式。文字列
File Lock Info (ファイルロック情報)
Is Lockholder? (Lockholder?)Trueの場合、呼び出し元がファイルロックを保持していることを示します。 ブーリアン
Lockholder Name (Lockholder名)ロック保持者の名前を表示します。文字列
Lockholder Account ID (LockholderアカウントID)ロック保持者が既知の場合、そのアカウントID。文字列
Created Date Time (作成日時)ロックが作成された時点のタイムスタンプ。日付&時刻

関連項目

Dropbox for Businessコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Dropbox開発者ドキュメンテーション