確認リクエストの作成

Evident IDで確認リクエストを作成します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Use Template? (テンプレートを使用?) リクエストを作成するためにテンプレートを使用するかを選択します。 ブーリアンTRUE
Templates (テンプレート) [Use Template? (テンプレートを使用?)][Yes]に設定されている場合は、リストからテンプレートを選択するか、[-- Use Template ID --(-テンプレートIDを使用-)]を選択して、入力フィールドに手動でテンプレートIDを入力します。

[Use Template? (テンプレートを使用?)][No]に設定されている場合は、[-- Create Request by Inputs -- (-入力によりリクエストを作成-)]を選択します。

ドロップダウンTRUE

入力

注

最大500件の属性が表示されます。Evident IDの属性検索エンドポイントにより提供される名前(たとえばlicense.professional.us.wa.department_of_labor.plumber.address)を入力することで、表示されていない属性を使用できます。「使用可能な属性の検索」を参照してください。

フィールド定義タイプ必須
Request (リクエスト)
Email (メール)確認するデータの所有者であるエンドユーザーのメールアドレス。文字列TRUE
Template ID (テンプレートID)このフィールドは、[Templates (テンプレート)]オプションが[-- Use Template ID -- (-テンプレートIDを使用-)]の場合に表示されます。表示された場合は、リクエストの作成に使用するテンプレートのID を入力します。文字列TRUE
注

どのテンプレートを選択するかによって、または[-- Create Request by Inputs -- (-入力によりリクエストを作成-)]が選択された場合に、追加の入力フィールドが動的に生成されることがあります。

出力

フィールド定義タイプ
Request ID(リクエストID)リクエストのID 。文字列
Owner ID(所有者ID)データが確認されるユーザーの所有者ID 。文字列
User Identity Token (ユーザーIDトークン)Evident IDのウェブアプリの利用の認証を受けるために使用できるトークン。これは、エンドユーザーにメールで通知されます。文字列

関連項目

Evident IDコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Evident ID APIドキュメンテーション