認可

Gmailカードを初めてフローに追加する際は、新しい接続を作成するよう求められます。アカウントをセットアップすると、アカウントの情報を保存して、そのコネクタで次にフローを構築するとき、その接続を再利用できます。

ヒント

ヒント

複数の接続を作成し、[Connections (接続)]ページから管理することができます。

イベントまたはアクションカードから新規接続を作成するには、次の手順を実行します。

  1. [New Connection(新規接続)]をクリックします。

  2. Google Workspaceアカウントの[Connection Nickname(接続ニックネーム)]を入力します。ニックネームは実際のアカウントの名前にすることも汎用的なニックネームにすることもできます。

  1. OAuthウィンドウで、Googleアカウントおよびパスワード情報を入力します。

  2. カードで[Allow(許可)]をクリックして、Googleアカウントへのアクセスを承認します。

注意

Gmailコネクタ用に新しい接続を作成するとき、接続の断続的な停止が起きることがあります。Gmailコネクタのイベントまたはアクションカードを含む、既存の接続やフローは影響を受けません。「Gmail接続が『このアプリはブロックされています』エラーメッセージを返す」を参照してください。

アカウントタイプとGmailコネクタに関するガイダンス

  • Google WorkspaceユーザーのみがGmailコネクタの正しい接続を作成できます。

  • gmail.comまたはgooglemail.comアカウントを使用すると、Gmailコネクタの接続は実行時に失敗し、Gmailコネクタカードは想定通りに機能せず、Gmailカードを含むフローは 正常に動作しません。

  • Gmailコネクタの接続を作成するためにプロジェクトサービスアカウントは使用できません。

  • Gmailコネクタで機能する接続を作成し、以下のカードを使用するために、Google Workspaceユーザーにプロジェクトのサービスアカウントユーザーのロールを割り当てる必要はありません。

    • メールの読み取り

    • メールの送信

    • 添付ファイル付きのメールの送信

  • 以下のカードを使用するためには、Google Workspaceユーザーにプロジェクトのサービスアカウントユーザーのロールを割り当てる必要があります。

    • 代理人の追加

    • メールの転送

    • 自動返信の設定

    • ユーザーのGmail設定の更新

  • WorkflowsでGoogle Sign InをOkta Browser Pluginとともに使用する場合、Okta Browser Pluginを使用するアカウントを切り替えてからでないとアカウントを切り替えることはできません。

サポートされているスコープ

  • https://www.googleapis.com/auth/userinfo.profile

  • https://www.googleapis.com/auth/userinfo.email

  • openid

  • https://www.googleapis.com/auth/gmail.settings.basic

  • https://www.googleapis.com/auth/gmail.settings.sharing

  • https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform

  • https://www.googleapis.com/auth/gmail.send

  • https://www.googleapis.com/auth/gmail.readonly

免責事項

Google APIから受信した情報をアプリで使用する、または他のアプリに移転する場合、Google APIサービスのユーザーデータポリシーに準拠する必要があります。これには限定使用の要件も含まれます。

Oktaのデータプライバシーと実践のポリシーについては、Oktaプライバシーポリシーを参照してください。