ユーザーを作成する

Google Workspaceにユーザーを作成します。

詳細については、「Google APIドキュメント」を参照してください

入力

フィールド 定義 タイプ 必須
ユーザー
First Name(名) ユーザーの名。 文字列
Last Name(姓) ユーザーの姓。 文字列
プライマリメール ユーザーのプライマリーメールアドレス(一意である必要があり、別のユーザーのエイリアスにすることはできません)。 文字列
ノート ユーザーのメモ。 文字列
Included in Global Address List?(グローバルアドレスリストに含まれる?) ドメインでの宛先共有機能の有効化時に、ユーザーのプロファイルがGoogle Workspaceグローバルアドレスリストに表示されるかどうかを示します。ユーザープロファイルの除外の詳細については、管理ヘルプセンターを参照してください。 ブール値
Password (パスワード) ユーザーアカウントのパスワード(パスワードの要件:最小8文字、最大100文字、ASCII文字の任意の組み合わせを含むことが可能)。パスワードプロパティー値をベース16ビットの16進HEXエンコードのハッシュ値として送信することを推奨します。hashFunctionが指定される場合、パスワードは有効なハッシュキーである必要があります。パスワード値がAPIのレスポンスボディーに返されることはありません。 文字列 TRUE
Hash Format(ハッシュ形式) パスワードプロパティーの保管のハッシュ形式。オプションはSHA-1MD5、またはCRYPTです。 ドロップダウン
Change Password At Next Login?(次回ログオン時にパスワードを変更?) ユーザーが次回ログオン時にパスワードの変更を強制されるかどうかを示します(サードパーティーのIDプロバイダーを使用してSSOが構成される場合は適用されません)。 ブール値
IP Allow Listed?(IPリストを許可?) ユーザーのIPアドレスの列挙が許可されるかどうかを示します。 ブール値 FALSE
Organizational Unit Path(Organization単位パス)

ユーザーに関連付けられている組織への完全パス。

ユーザーがアクセスできるGoogle Workspaceサービスは、ユーザーの組織単位によって決まります。ユーザーが新しい組織に移動すると、ユーザーのアクセス権は変更されます。

完全パスには先頭のスラッシュ(/)が必要です。

たとえば、Organization単位が/corp/salesの下のsales_supportであれば、Organization単位の完全パスは/sales/sales_supportとなります。corp(Organizationキー)は必要ありません。

注

組織単位からユーザーを削除することはできません。このフィールドではユーザーが属する組織単位の変更のみが可能です。

文字列
Alias(エイリアス) エイリアスメールアドレス。 文字列
IM (IM)
IM Network ID(IMネットワークID) ユーザーのIMアカウント(ユーザーは複数のIMアカウントを持つことができますが、プライマリーは1つのみです)。 文字列
タイプ 返されるデータのタイプ。 ドロップダウン
Custom Type(カスタムタイプ) 必須。IMタイプがcustomの場合はユーザー定義値。 文字列
Protocol(プロトコル) IMネットワーク(カスタムネットワークまたは標準ネットワーク)。 オプション
Custom Protocol(カスタムプロトコル) 必須。プロトコルがcustomの場合はユーザー定義値。 文字列
メール
Email Address(メールアドレス) ユーザーのメールアドレス。 文字列
Type (タイプ) メールアドレスのタイプ。オプションはhomeworkcustom、またはotherです。 ドロップダウン
Custom Type(カスタムタイプ) 必須。メールアドレスタイプの選択がcustomの場合はユーザー定義値。 文字列
External ID(外部ID)
External ID(外部ID)

ユーザーの一意の外部ID。

文字列
Type (タイプ) 外部IDのタイプ。オプションはaccountcustomerlogin_IDnetworkorganization、またはcustomです。 ドロップダウン
Custom Type(カスタムタイプ) 必須。アドレスタイプの選択がcustomの場合はユーザー定義値。 文字列
Relation (関連)
Relation Name(関連名) ユーザーが関連する人の名前。 文字列
Type (タイプ) 関連のタイプ。オプションはadmin_assistantassistantbrotherchilddomestic_partnerdotted_line_managerexec_assistantfatherfriendmanagermotherparentpartnerreferred_byrelativesisterspouse、またはcustomです。 ドロップダウン
Custom Type(カスタムタイプ) 必須。タイプがカスタムの場合はユーザー定義値。 文字列
Address(住所)
Street(番地) ユーザーの住所の番地部分。 文字列
PO Box(私書箱) ユーザーの私書箱。 文字列
City(市) ユーザーの住所の市。 文字列
Region(地域) ユーザーの住所の都道府県。 文字列
Postal Code(郵便番号) ユーザーの住所の郵便番号。 文字列
Country(国) ユーザーの住所の国。 文字列
Country Code(国コード) ユーザーの住所の国の電話プレフィックス(ISO 3166-1標準)。 文字列
Extended Address(拡張住所) 小地域を含む住所の拡張フィールド。 文字列
Formatted Address(フォーマット済み住所) 住所の形式化版。 文字列
Type (タイプ) 物理的な住所のタイプ。オプションはhomeworkcustom、またはotherです。 ドロップダウン
Custom Type(カスタムタイプ) 必須。住所タイプの選択がcustomの場合はユーザー定義値 文字列
Organization (Organization)
Organization Name(Organization名) Organizationの名前。 文字列
説明 Organizationの説明。 文字列
Department(部門) ユーザーが関連付けられたOrganization内の部門(たとえば、販売または技術など)。 文字列
Job Title(役職名) ユーザーのOrganization内の役職名(たとえば、メンバーまたはエンジニアなど)。 文字列
Location(場所) Organizationの物理的な場所(これは住所である必要はありません)。 文字列
Symbol(シンボル) Organizationのテキスト文字列シンボル(たとえば、GoogleのシンボルはGOOGです)。 文字列
Cost Center(コストセンター) ユーザーのOrganizationのコストセンター。 文字列
ドメイン Organizationが属するドメイン。 文字列
Type (タイプ) Organizationのタイプ。オプションはdomain_onlyschoolworkunknown、またはcustomです。 ドロップダウン
Custom Type(カスタムタイプ) 必須。アドレスタイプの選択がcustomの場合はユーザー定義値。 文字列
Phone(電話)
Phone Number(電話番号) 人間が判読可能な電話番号(任意の電話番号形式)。 文字列
Type (タイプ) 電話番号のタイプ。オプションはassistantcallbackcarcompany_maingrand_centralhomehome_faxisdnmainmobileotherother_faxpagerradiotelextty_ttdworkwork_faxwork_mobilework_pager、またはcustomです。 ドロップダウン
Custom Type(カスタムタイプ) 必須。タイプがカスタムの場合はユーザー定義値。 文字列
Website (ウェブサイト)
Website URL(ウェブサイトURL) ウェブサイトのURL。 文字列
Type (タイプ) ウェブサイトのタイプまたは目的。オプションはapp_install_pageblogftphomehome_pageotherprofilereservationswork、またはotherです。 ドロップダウン FALSE
Licenses(ライセンス)
Licenses(ライセンス) ユーザーに割り当てる製品ライセンス。 オブジェクトのリスト

出力

フィールド 定義 タイプ
User ID(ユーザーID)

ユーザーの一意識別子。

文字列

関連項目

Google Workspace Adminコネクター

Workflows要素

Google Workspace APIのドキュメント