フォルダーの作成

ドキュメントを保管するために、Googleドライブの新規フォルダーを作成します。フォルダーを親フォルダー内に配置することもできます。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Shared Drive?(共有ドライブ?)

YesまたはNoを選択します。

Yesの場合:

  • ファイルやフォルダーの操作は共有ドライブから行われます。

  • [Writer Can Share(作成者が共有可能)]入力フィールドは使用できません。

Noの場合、ファイルやフォルダーの操作はマイドライブから行われます。

ドロップダウンTRUE
注

共有ドライブについての追加情報

ユーザーは、Googleドライブから共有を行うとき、他のユーザーが編集やコメントを行えるか、ファイルの参照のみを行えるかをコントロールできます。

  • Viewer(閲覧者)]はファイルを表示できますが、ファイルの変更、他者との共有、削除は行えません。

  • Commenter(コメンター)]はコメントの追加や提案を行えますが、ファイルの変更、他者との共有、削除は行えません。

  • Editor(編集者)]は変更、提案の受諾または拒否、ファイルの他者との共有、ファイルのバージョン管理を行えます。ファイルの削除は行えません。

ファイルは共有ドライブの所有者が削除できます。Googleドライブでのファイルの共有方法については、ここを参照してください。

共有ドライブに対して操作を行うと、ユーザーが複数の共有ドライブを保有しているとき遅延が発生することがあります。共有ドライブのファイルとフォルダの制限については、ここを参照してください。

入力

フィールド定義タイプ必須
Name(名前)フォルダーの名前。文字列TRUE
Description(説明)フォルダーの説明。文字列FALSE
Parent Folder ID (親フォルダーID) フォルダーを別のフォルダー内に作成する(ネストされたフォルダーを作成する)ために、親フォルダーID、つまりカード用のロケーションを取得する方法が2つあります。
  • URLの最後をカードにコピーして、親フォルダーIDを取得します。たとえば、リンクがhttps://drive.google.com/drive/folders/0B8CedcLXfL-xSHpiQEYyZDYyfEUだった場合、スラッシュの後の太字の範囲を親フォルダーIDとしてコピーアンドペーストします。
  • フォルダーを検索してIDを取得することもできます。親フォルダーの名前を問うフォームを作成し、次にフォルダーの検索アクションカードを使用して、フォルダーIDを返します。その後、このIDはフォルダーの作成カードの親フォルダーIDとして使用できます。

[Shared Drive?(共有ドライブ?)] オプションのドロップダウンで[Yes]を選択した場合、[Parent Folder ID(親フォルダーID)]フィールドの値が必須となります。

文字列FALSE
Starred(スター付き) ドライブ内でフォルダーにスターが付けられるかどうかを示します。 ブーリアンFALSE
Writers Can Share(作成者が共有可能) 他のユーザーが資料を共有できるかどうかを示します。 ブーリアンFALSE

出力

フィールド定義タイプ
Folder ID (フォルダーID)新規フォルダーのID。フォルダーがネストされている場合、要求されたフォルダーロケーション内にあります。
Folder name(フォルダー名) 新しいフォルダーの名前。 文字列

関連項目

Googleドライブコネクタ

Okta Workflowsの要素について

G Suite APIドキュメンテーション