権限の作成

Googleドライブのファイルに対する権限を作成します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Shared Drive?(共有ドライブ?)

YesNoを選択します。

Yesなら、次の規則が適用されます。

  • ファイルやフォルダーの操作は共有ドライブから行われます。

  • Permission Role(権限ロール)]ドロップダウンに[Owner(所有者)]は表示されません。

Noの場合、ファイルやフォルダーの操作はマイドライブから行われます。

ドロップダウンTRUE
Permission Type(権限タイプ) 指定されたドキュメントと相互作用できるユーザー、グループ、ドメイン、またはGoogleドライブユーザーのタイプ。オプションは次のとおりです。
  • User
  • Group
  • Domain
  • Anyone
ドロップダウンTRUE
Permission Role (権限ロール) UserGroupDomain、またはAnyoneが指定されたドキュメントに対して持つことができる権限のレベル。オプションは次のとおりです。
  • Owner
  • Can Edit
  • Can Comment
  • Can View
ドロップダウンTRUE
注

共有ドライブについての追加情報

ユーザーは、Googleドライブから共有を行うとき、他のユーザーが編集やコメントを行えるか、ファイルの参照のみを行えるかをコントロールできます。

  • Viewer(閲覧者)]はファイルを表示できますが、ファイルの変更、他者との共有、削除は行えません。

  • Commenter(コメンター)]はコメントの追加や提案を行えますが、ファイルの変更、他者との共有、削除は行えません。

  • Editor(編集者)]は変更、提案の受諾または拒否、ファイルの他者との共有、ファイルのバージョン管理を行えます。ファイルの削除は行えません。

ファイルは共有ドライブの所有者が削除できます。Googleドライブでのファイルの共有方法については、ここを参照してください。

共有ドライブに対して操作を行うと、ユーザーが複数の共有ドライブを保有しているとき遅延が発生することがあります。共有ドライブのファイルとフォルダの制限については、ここを参照してください。

入力

フィールド定義タイプ必須
File (ファイル)
File ID(ファイルID)特定の権限を作成するファイルの一意のID。文字列TRUE
Permission (権限)
Email Address(メールアドレス)権限が作成される個人のメールアドレス。文字列TRUE
Email Message(メールメッセージ)共有された権限およびドキュメントに関する通知メールに含めるカスタムメッセージ。文字列FALSE
Transfer Ownership (所有権の移行)ロールをOwnerに変更することで、現在の所有者が作成者に降格するかどうかを示します。指定されたロールがOwnerでない場合は影響ありません。デフォルトはfalseです。ブーリアンFALSE
Allow File Discovery(ファイルディスカバリーの許可)ファイルのディスカバリーが可能かどうかを示します。ブーリアンFALSE
Domain(ドメイン)ユーザーのドメイン。文字列FALSE

出力

フィールド定義タイプ
Permission ID(権限ID)権限コレクションに表示される現在のユーザーのID。文字列
Share Link(共有リンク)Googleドライブ内部のファイルを引き出すリンクへの直接のURLで、権限セットを持ちファイルを共有するユーザーとグループ向けの共有リンクです。文字列

関連項目

Googleドライブコネクタ

Okta Workflowsの要素について

G Suite APIドキュメンテーション