参加者オブジェクトの構築

他のOpsgenieアクションカードで入力値として使用する新規のOpsgenie参加者オブジェクトを構築します。

注

このカードのOpsgenie接続を作成するために使用されるAPIキーがチーム固有でないことを確認します。そうでない場合、このカードの[Team ID(チームID)]または[Team Name(チーム名)]フィールドのすべての値はチーム固有のAPIキーで指定されるチームをオーバーライドしません。Opsgenie APIキー管理ページでAPIキーを作成および管理することをお勧めします。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Participant Type(参加者タイプ) 参加者オブジェクトを構築するために、次のいずれかのオプションを選択します。
  • None(なし):参加者オブジェクトはアセンブルされません。
  • User(ユーザー):IDまたはユーザー名によりユーザーのオブジェクトをアセンブルします。
  • Escalation(エスカレーション):エスカレーションIDまたはユーザー名によりエスカレーションオブジェクトをアセンブルします。
  • Team(チーム):チームIDまたはユーザー名によりチームのオブジェクトをアセンブルします。
ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
Participant(参加者)
Identifier Type(識別子タイプ) オプション[User(ユーザー)]の場合、[User ID(ユーザーID)]または[Username(ユーザー名)]オプションを使用してオブジェクトを構築します。

オプション[Escalation(エスカレーション)]の場合、[Escalation Name(エスカレーション名)]または[Escalation ID(エスカレーションID)]オプションを使用してオブジェクトを構築します。

オプション[Team(チーム)]の場合、[Team Name(チーム名)]または[Team ID(チームID)]オプションを使用してオブジェクトを構築します。

ドロップダウンFALSE
Identifier(識別子) [Identifier Type(識別子タイプ)]の選択に基づく、指定された参加者オブジェクトタイプの文字列識別子。 文字列TRUE

出力

フィールド定義タイプ
Participant(参加者) 結果の参加者オブジェクト。

ユーザーオブジェクトの例を次に示します。

{

"type":"user",

"id":"d92b2aa1-4bc8-481b-a30e-4f19e5a27f83",

"username":"johnathan.doe@okta.com"

}

エスカレーションオブジェクトの例を次に示します。

{

"type":"escalation",

"id":"3f145401-e6f3-428f-9f3c-41b0e1d172d5",

"name":"Team 2_escalation"

}

チームオブジェクトの例を次に示します。

{

"type":"team",

"id":"d00f95c1-2cce-4110-adbc-2ceca786c305",

"username":"lily.doe@okta.com"

}

オブジェクト

関連項目

Opsgenieコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Opsgenie APIの概要