時間制限オブジェクトの構築

Opsgenieアクションカードの入力値として、スケジュールローテーションの新規Opsgenie時間制限オブジェクトを構築します。

時間制限は、週の各曜日に対する複数の開始および終了時刻を使用し、スケジュールローテーションを週の特定の曜日と時刻に限定するために使用されます。これにより、さまざまな時間にさまざまなスケジュールローテーションを適用できます。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Restriction Type(制限タイプ) 時間制限オブジェクトを構築するために、次のいずれかのオプションを選択します。
  • Time Only(時刻のみ):時刻の値のみを使用して時間制限オブジェクトをアセンブルします。
  • Day and Time(曜日と時刻):時刻および曜日の値を使用して時間制限オブジェクトをアセンブルします。
ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
Restrictions(制限)
Start Day(開始曜日) ローテーションの開始曜日。オプションは週の各曜日です。

ドロップダウンFALSE
End Day(終了曜日)ローテーションの終了曜日。オプションは週の各曜日です。ドロップダウンFALSE
Start Hour(開始時) 時間制限の開始の時間値(0~23の整数)。 ドロップダウンFALSE
Start Minute(開始分)時間制限の開始の分値。オプションは00または30です。 ドロップダウンFALSE
End Hour(終了時) 時間制限の終了の時間値(0~23の整数)。 ドロップダウンFALSE
End Minute(終了分)時間制限の終了の分値。オプションは00または30です。 ドロップダウンFALSE

出力

フィールド定義タイプ
Time Restriction(時間制限) 結果の時間制限オブジェクト。

時刻の値のみを使用する例を次に示します。

{

"startHour": 5

"startMin": 30

"endHour": 16

"endMin": 0

}

曜日と時刻の値を使用する例を次に示します。

[

{

"startDay":"monday",

"endDay":"tuesday",

"startHour":8,

"endHour":18,

"startMin":0,

"endMin":30

},

{

"startDay":"thursday",

"endDay":"sunday",

"startHour":6,

"endHour":8,

"startMin":0,

"endMin":30

}

]

オブジェクト

関連項目

Opsgenieコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Opsgenie APIの概要