制限オブジェクトの構築

PagerDutyのスケジュールの更新アクションカードで入力値として使用する新しいPagerDuty制限オブジェクトを構築します。制限は、スケジュールレイヤーが割り当てを受け入れることができる日または週の期間に関する限度です。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Restriction Type(制限タイプ) 制限オブジェクトの時間長に関する次のいずれかのオプションを選択します。
  • Daily Restriction:制限オブジェクトは特定の曜日用です。

  • Weekly Restriction:制限オブジェクトは週用です。週の開始曜日は入力フィールドとして指定する必要があります。

ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
Restrictions(制限)
Type(タイプ)制限の指定されたタイプ。オプションは[Daily Restriction(日制限)][Weekly Restriction(週制限)]です。ドロップダウンTRUE
Duration Seconds(期間秒数)制限の期間(秒単位)。数値TRUE
Start Time of Day(開始時刻)HH:mm:ss形式の開始時刻。文字列TRUE
Start Day of Week(開始曜日)weekly restriction制限タイプで使用する場合にのみ必要です。ISO 8601形式の曜日で表される、週次ローテーションスケジュールの最初の曜日(1は月曜日など)。数値FALSE

出力

フィールド定義Type(タイプ)
Restrictions(制限) 結果の制限オブジェクト。

例:

{

"Type":"daily_restriction",

"Duration Seconds":3600,

"Start Time Of Day":"12:31:23Z",

"Start Day Of Week":null}

}

オブジェクト

関連項目

PagerDutyコネクタ

Okta Workflowsの要素について

PagerDuty REST API