Build Schedule Layer(スケジュールレイヤーの構築)

PagerDutyのスケジュールの更新アクションカードで入力値として使用する新しいPagerDutyスケジュールレイヤーを構築します。

入力

フィールド定義タイプ必須
Schedule Layer(スケジュールレイヤー)
Schedule Layer ID(スケジュールレイヤーID) スケジュールレイヤーの一意のユーザー識別子。新しいレイヤーがまだ存在しない場合は作成されます。存在する場合は、このアクションカードからの入力値で更新されます。 文字列FALSE
Name(名前)スケジュールレイヤーの名前。文字列FALSE
Start(開始)このレイヤーの開始時刻。日付&時刻TRUE
End(終了)このレイヤーの終了時刻。nullの場合、レイヤーは終了しません。日付&時刻FALSE
Users(ユーザー)このレイヤー上のユーザーの並べ替えられたリスト。リスト上のユーザーの位置はレイヤー内のユーザーの順序を決定します。オブジェクトFALSE
Restrictions(制限)レイヤーの制限の配列。制限は、スケジュールレイヤーが割り当てを受け入れることができる日または週の期間に関する限度です。オブジェクトFALSE
Rotation Virtual Start(ローテーション仮想開始)レイヤーの実質的な開始時刻。これはスケジュールの開始時刻の前にすることができます。日付&時刻TRUE
Rotation Turn Length Seconds(ローテーション担当期間(秒))各オンコールシフトの期間(秒)この値は秒単位で1年を超えることはできません。数値TRUE

出力

フィールド定義タイプ
Schedule Layer(スケジュールレイヤー) 結果のスケジュールレイヤーオブジェクト。

例:

{

"Schedule Layer ID":"",

"Name":"",

"Start":"2021-07-30T15:58:11Z",

"End":"",

"Users":

[{"User ID":"PS79DJO",

"Type":"user_reference"}],

"Restrictions":

[{"Type":"daily_restriction",

"Duration Seconds":3600,

"Start Time Of Day":"12:31:23Z",

"Start Day Of Week":null}],

"Rotation Virtual Start":"2021-07-30T15:58:11Z",

"Rotation Turn Length Seconds":3605

}

オブジェクト

関連項目

PagerDutyコネクタ

Okta Workflowsの要素について

PagerDuty REST API