インシデントの作成

PagerDutyインスタンス内に新規インシデントを作成します。

注

同じフローの中で新規インシデントイベントカードとインシデントの作成アクションカードを一緒に使用しないでください。そうすることで、循環参照が生じる場合があります。

入力

フィールド定義タイプ必須
Incident (インシデント)
Service Key(サービスキー)イベントをPagerDutyインスタンスに送信し、サービスにインシデントを作成するために、サービス統合に割り当てられるキー。文字列TRUE
Event Type(イベントタイプ)triggeracknowledgeresolveのいずれか。ドロップダウンFALSE
Description(説明)インシデントの簡潔な説明。文字列TRUE
Client(クライアント)PagerDutyインスタンスに統合されるクライアントアプリケーションの名前。文字列FALSE
Client URL(クライアントURL)統合されるアプリケーションまたはコンポーネントのURL。文字列FALSE
Incident Key(インシデントキー)インシデントの一意のキー。文字列FALSE
Details (詳細) - PagerDutyインスタンスに含まれているイベントの自由形式の詳細
Ping Time:(Ping時間)PagerDutyの監視ツールがホストに到達するのにかかる時間(ミリ秒)。数値FALSE
Load Avg(平均負荷)1チームあたりのインシデントの平均数。数値FALSE
Contexts (コンテキスト) - インシデントに添付できる図表または画像などの追加情報。イベントのトリガーにのみ使用されます。
タイプコンテキストのタイプで、linkまたはimageです。ドロップダウンFALSE
URLコンテキストリソースのURL。文字列FALSE
テキストインシデントに添付されるコンテキストアセットのテキスト。文字列FALSE

出力

フィールド定義タイプ
Incident Key (インシデントキー)PagerDutyトリガーイベントを適用する必要があるインシデントを識別するパラメーター。インシデントキーはインシデントの重複を防ぐのに役立ちます。文字列

関連項目

PagerDutyコネクタ

Okta Workflowsの要素について

PagerDuty REST API