インシデントの読み取り

PagerDutyインスタンス内のインシデントに関する情報にアクセスします。

入力

フィールド定義タイプ必須
Incident Key (インシデントキー)PagerDutyトリガーイベントが適用されたインシデントを識別する一意のキー。インシデントキーは重複防止に役立てるためにインシデントに割り当てられます。文字列TRUE

出力

フィールド定義タイプ
Incident (インシデント)
Name(名前)インシデントの簡潔な説明。文字列
Incident ID(インシデントID)インシデントに割り当てることができる識別子。文字列
Incident Number(インシデント番号)PagerDutyインスタンス内のインシデントに自動的に割り当てられる数値識別子。数値
Created At(作成日時)

オブジェクトが作成された日時。

文字列
Status (ステータス)インシデントの状態で、TriggeredAcknowledgedResolvedのいずれか。文字列
Pending Actions (保留アクション)
Type (タイプ)トリガーされたインシデントの処理方法を特定するオプションで、unacknowledgeescalateresolveurgency_changeのいずれか。文字列
At(経過時間)トリガーされたインシデントに対して、4つのオプションのいずれかが有効になるまでの経過時間 (分)。文字列
Urgency (緊急度) この機能は、インシデントの重大性に基づいてチームに通知する方法を特定します。
  • High:インシデントは即時の注目を要します。
  • Low:インシデントは即時の対応を必要としません。
文字列
Type (タイプ)インシデントのトリガーに使用できる統合のタイプ。タイプはincidentまたはincident_referenceです。文字列
URLPagerDutyインスタンス内のインシデントを表示するURL。文字列
Service (サービス)
Name (名前)インシデントがオープンされるサービスの名前。たとえば、アプリケーションまたはコンポーネントなど。文字列
Service ID(サービスID)サービスの一意識別子。文字列
Type (タイプ)サービスの統合のタイプ。タイプはserviceまたはservice_referenceです。文字列
URLPagerDutyインスタンス内の統合されるアプリケーションまたはコンポーネントのURL。文字列
Escalation Policy (エスカレーションポリシー)
Escalation Policy ID (エスカレーションポリシーID)エスカレーションポリシーに自動的に割り当てられた識別子。エスカレーションポリシーにより、インシデントが発生した際、適切な時に適切な人への通知が確保されます。文字列
Type (タイプ)エスカレーションポリシーのタイプ。タイプはescalation_policyまたはescalation_policy_referenceです。文字列
Summary(概要)ユーザーおよびスケジュール対象を含む、エスカレーションポリシーの説明。文字列
URLPagerDutyインスタンス内のエスカレーションポリシーを表示するURL。文字列
Last Status Change (最終ステータス変更)
Updated At(更新日時)インシデントに対する最後の更新が行われた日時。文字列
Updated By ID(更新者ID)インシデントに対する最後の更新を行ったユーザーの識別子。文字列
Type(タイプ)インシデントが更新された方法。メールまたはAPIのどちらかです。文字列
Name(名前)インシデントが更新されたサービスの名前。文字列
URL更新されたインシデントのURL。文字列

関連項目

PagerDutyコネクタ

Okta Workflowsの要素について

PagerDuty REST API