新規インシデント

このイベントを使用して、PagerDutyインスタンス内でインシデントがトリガーされたときにフローをトリガーします。

同じフローの中で新規インシデントイベントカードとインシデントの作成アクションカードを一緒に使用しないでください。そうすることで、循環参照が生じます。

このカードのデフォルトのポーリング値である[Every 5 minutes(5分毎)]を保持することをお勧めします。ポーリング間隔の時間値を増やすと、その期間内に処理されるレコードのすべてを返さないというリスクが生じる可能性があります。PagerDutyコネクタは、ポーリング間に最大1,000レコードをサポートしています。

オプション

使用可能なオプションはありません。

出力

フィールド定義タイプ
Incident (インシデント)
Name (名前)インシデントの簡潔な説明文字列
Incident Key (インシデントキー)PagerDutyトリガーイベントを適用するインシデントを識別する、一意のキー。インシデントキーはインシデントの重複を防ぐのに役立ちます。文字列
Incident Number(インシデント番号)PagerDutyインスタンス内のインシデントに自動的に割り当てられる数値識別子Number (番号)
Incident ID (インシデントID)インシデントに割り当てることができる識別子文字列
Created At(作成日時)

オブジェクトが作成された日時。

文字列
Status (ステータス)インシデントの状態で、triggeredacknowledgedresolvedのいずれか。文字列
Urgency (緊急度) この機能は、インシデントの重大性に基づいてチームに通知する方法を特定します。
  • High:インシデントは即時の注目を要します。
  • Low:インシデントは即時の対応を必要としません。
文字列
Type (タイプ)インシデントのトリガーに使用できる統合のタイプ。タイプはincidentまたはincident_referenceです。文字列
URLPagerDutyインスタンス内のインシデントを表示するURL文字列
Service (サービス)
Name (名前)インシデントがオープンされるサービスの名前。たとえば、アプリケーションまたはコンポーネントなど。文字列
Service ID (サービスID)サービスの一意識別子文字列
Type (タイプ)サービスの統合のタイプ。タイプはserviceまたはservice_referenceです。文字列
URLPagerDutyインスタンス内の統合されるアプリケーションまたはコンポーネントのURL文字列
Escalation Policy (エスカレーションポリシー)
Escalation Policy ID (エスカレーションポリシーID)エスカレーションポリシーの識別子。エスカレーションポリシーにより、インシデントが発生した際、適切な時に適切な人への通知が確保されます。文字列
Type (タイプ)エスカレーションポリシーのタイプ。タイプはescalation_policyまたはescalation_policy_referenceです。文字列
Summary (概要)ユーザーおよびスケジュール対象を含む、エスカレーションポリシーの説明文字列
URLPagerDutyインスタンス内のエスカレーションポリシーを表示するURL文字列

関連項目

PagerDutyコネクタ

Okta Workflowsの要素について

PagerDuty REST API