メッセージ履歴の読み取り

Slackで受信したメッセージに関する情報を取得します。

注

このカードは、[Channel(チャンネル)]ドロップタウンに書き込みを試みるときタイムアウトになることがあります。ワークスペースのチャンネル数が多く、60秒の制限時間内に取得できない場合、これが発生する場合があります。カードをテストするときも、このタイムアウトが発生することがあります。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Channel(チャンネル) メッセージを受信したチャンネル名。
注意

最大で200個のパブリックチャンネルが表示されます。

ドロップダウンには、Slack接続を作成したユーザーがメンバーであるチャンネルのみ表示されます。パブリックチャンネルの数が200を超える可能性がなくても、該当するすべてのチャンネルが表示されない場合があります。一覧表示されないパブリックチャンネルを指定するには、[Enter Channel ID(チャンネルIDの入力)]オプションを選択し、[Channel ID(チャンネルID)]入力フィールドに入力します。

障害が発生し、ドロップダウンにチャンネルが1つも表示されない場合は、[Enter Channel ID(チャンネルIDの入力)]オプションのみが表示されます。

ドロップダウンTRUE
Use Date or Timestamp (日付またはタイムスタンプを使用)メッセージ受信時の表示オプション (オプションは[Date (日付)][Timestamp (タイムスタンプ)])。ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
Range (範囲)
[Date (日付)]オプションを選択した場合、次の入力フィールドを使用できます。
Start Date(開始日)日付範囲の開始日で、標準の日付形式で表現されます(例:March 26 2021、または03-26-2021)。日付& 時刻FALSE
End Date(終了日)日付範囲の終了日で、標準の日付形式で表現されます(例:March 26 2021、または03-26-2021)。日付& 時刻FALSE
[Timestamp (タイムスタンプ)]オプションを選択した場合、次の入力フィールドを使用できます。
Start Timestamp(タイムスタンプの開始)タイムスタンプ範囲の開始日で、Unix時間により表現されます。文字列FALSE
End Timestamp(タイムスタンプの終了)タイムスタンプ範囲の終了日で、Unix時間により表現されます。文字列FALSE

出力

フィールド定義タイプ
メッセージ
テキストメッセージのコンテンツ。文字列
Timestamp(タイムスタンプ)メッセージ送信時のタイムスタンプ。日付& 時刻
Author ID(作成者ID)メッセージを送信したユーザーのID。文字列

関連項目

Slackコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Slack API