チャンネルへのファイルの送信

Slackチャンネルにファイルを送信します。チャンネルのメンバーである必要があります。

注

このカードは、[Channel(チャンネル)]ドロップタウンに書き込みを試みるときタイムアウトになることがあります。ワークスペースのチャンネル数が多く、60秒の制限時間内に取得できない場合、これが発生する場合があります。カードをテストするときも、このタイムアウトが発生することがあります。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Channel(チャンネル) 利用可能なチャンネルのリスト。
注意

最大200のパブリックチャンネルと100のプライベートチャンネルが表示されます。

ドロップダウンには、Slack接続を作成したユーザーがメンバーであるチャンネルのみ表示されます。パブリックチャンネルの数が200を超える可能性がなくても、該当するすべてのチャンネルが表示されない場合があります。一覧表示されないパブリックチャンネルを指定するには、[Enter Channel ID(チャンネルIDの入力)]オプションを選択し、[Channel ID(チャンネルID)]入力フィールドに入力します。

障害が発生し、ドロップダウンにチャンネルが1つも表示されない場合は、[Enter Channel ID(チャンネルIDの入力)]オプションのみが表示されます。

ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
Channel(チャンネル)]([Channel(チャンネル)]でEnter Channel ID が選択されている場合)
Channel ID(チャンネルID)またはName(名前) Slackチャンネルの一意の識別子、または割り当てられた名前。文字列TRUE
File(ファイル)
File Content(ファイルコンテンツ)チャンネルに送信するファイルのファイルコンテンツID。 文字列TRUE
File Name(ファイル名)送信するファイルの名前。これにはファイルの拡張子を含める必要があります。拡張子が指定されていない場合、ダウンロードされるファイルは関連付けられた拡張子を持ちません。文字列FALSE
Title(タイトル)ファイルを含むSlackメッセージ内でファイルに追加するタイトル。文字列FALSE
Initial Comment(初期コメント) ファイルを含むSlackメッセージ内でファイルに追加するコメント。 文字列FALSE
Thread Timestamp(スレッドタイムスタンプ) 別のメッセージのts値のタイムスタンプ。「個別のメッセージの取得」を参照してください。

注: 返信からのts値は絶対に使用しないでください。その代わりに、返信の親のts値を使用してください。

文字列FALSE

出力

フィールド定義タイプ
File ID(ファイルID)送信されたファイルのID。 文字列
Name(名前)送信されたファイルの名前。文字列
Title(タイトル)送信されたファイルのタイトル。文字列
File Type(ファイルタイプ)送信されたファイルのタイプ。文字列
Timestamp(タイムスタンプ)メッセージ送信時のタイムスタンプ。 文字列

関連項目

Slackコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Slack API