ユーザーへのファイルの送信

Slackユーザーにファイルを送信します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Field Type(フィールドタイプ) エフェメラルメッセージの送信にUser ID またはUsernameのどちらを使用するかを選択します。

[Username(ユーザー名)]を選択すると、ユーザー数の多い組織では実行に時間がかかる場合があります。実行時間を短縮するには、代わりに[User ID(ユーザーID)]を選択します。

ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
User (ユーザー)
User ID (ユーザーID)

ユーザーの一意識別子。

このフィールドは、[Field Type(フィールドタイプ)]User IDに設定されている場合に表示されます。
文字列TRUE
Username(ユーザー名)Slackユーザーのユーザー名。このフィールドは、[Field Type(フィールドタイプ)]Usernameに設定されている場合に表示されます。文字列TRUE
File(ファイル)
File Content(ファイルコンテンツ)ユーザーに送信するファイルのファイルコンテンツID。 文字列TRUE
File Name(ファイル名)送信するファイルの名前。これにはファイルの拡張子を含める必要があります。拡張子が指定されていない場合、ダウンロードされるファイルは関連付けられた拡張子を持ちません。文字列FALSE
Title(タイトル)ファイルを含むSlackメッセージ内でファイルに追加するタイトル。文字列FALSE
Initial Comment(初期コメント) ファイルを含むSlackメッセージ内でファイルに追加するコメント。 文字列FALSE
Thread Timestamp(スレッドタイムスタンプ) 別のメッセージのts値のタイムスタンプ。「個別のメッセージの取得」を参照してください。

注: 返信からのts値は絶対に使用しないでください。その代わりに、返信の親のts値を使用してください。

文字列FALSE

出力

フィールド定義タイプ
File ID(ファイルID)送信されたファイルのID。 文字列
Name(名前)

ユーザーの名前。

文字列
Title(タイトル)送信されたファイルのタイトル。文字列
File Type(ファイルタイプ)送信されたファイルのタイプ。文字列
Timestamp(タイムスタンプ)メッセージ送信時のタイムスタンプ。 文字列

関連項目

Slackコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Slack API