チャンネルへのメッセージの送信

Slackチャンネルにメッセージを送信します。チャンネルのメンバーである必要があります。ボットとして、または自分のIDからメッセージを送信できます。

ボットとしてメッセージを送信する場合、チャンネルイベントで新規メッセージを探すフローをトリガーします。チャンネル通知の受信登録をしている場合、ボットとしてメッセージを送信した際に通知が送られてきます。自分のIDから送信してもフローや通知はトリガーされません。

注

このカードは、[Channel(チャンネル)]ドロップタウンに書き込みを試みるときタイムアウトになることがあります。ワークスペースのチャンネル数が多く、60秒の制限時間内に取得できない場合、これが発生する場合があります。カードをテストするときも、このタイムアウトが発生することがあります。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Channel(チャンネル)

利用可能なチャンネルのリスト。メンバーはメッセージを投稿できる必要があります。

注意

最大200のパブリックチャンネルと100のプライベートチャンネルが表示されます。

ドロップダウンには、Slack接続を作成したユーザーがメンバーであるチャンネルのみ表示されます。パブリックチャンネルの数が200を超える可能性がなくても、該当するすべてのチャンネルが表示されない場合があります。一覧表示されないパブリックチャンネルを指定するには、[Enter Channel ID(チャンネルIDの入力)]オプションを選択し、[Channel ID(チャンネルID)]入力フィールドに入力します。

障害が発生し、ドロップダウンにチャンネルが1つも表示されない場合は、[Enter Channel ID(チャンネルIDの入力)]オプションのみが表示されます。

ドロップダウンFALSE
Send as Bot?(ボットとして送信?)ボットからメッセージを送信するかどうかを示す(オプションは、ボットからメッセージを送信する[Yes(はい)]と、自分のIDから送信する[No(いいえ)]ドロップダウンFALSE
Unfurl URLs?(URLを展開?) メッセージにあるリンクをSlackがスキャンして、リンクのコンテンツに基づいて添付ファイルを作成する場合はYes、それ以外の場合はNoドロップダウンFALSE
Message Type(メッセージタイプ)メッセージの形式。オプションはPlain TextBlocksです。「ブロックのレイアウト」を参照してください。 ドロップダウンFALSE
注

ボットとしてチャンネルにメッセージを送信するには、ボットがそのチャンネルのメンバーであることが必要です。チャンネルへのユーザーの招待のアクションカードを使用して、チャンネルにボットを招待します。「チャンネルへのユーザーの招待」を参照してください。

ボットのハンドルや表示名ではなく、ボットの一意なユーザーIDを特定します。次に、その値をチャンネルへのユーザーの招待カードの[User ID(ユーザーID)]入力フィールドに追加します。ボットのユーザーIDの例は「U01TFSL6JQY」です。

ボットのユーザーIDを特定するには、ユーザーの読み取りアクションカードを使用します。「ユーザーの読み取り」を参照してください。

Slackボットの詳細については、「ボットによる操作の有効化」を参照してください。

入力

フィールド定義タイプ必須
Channel(チャンネル)]([Channel(チャンネル)]でEnter Channel ID が選択されている場合)
Channel ID(チャンネルID)またはName(名前) Slackチャンネルの一意の識別子、または割り当てられた名前。
注意

ボットとしてプライベートチャンネルにメッセージを送信するには、チャンネルIDを指定する必要があります。チャンネルの名前しか判明していない場合は、このメッセージを送信する前に、ボットを手動でチャンネルに招待します。これを行わないとエラーが返されます。

文字列TRUE
Channel Type(チャンネルタイプ) 選択したチャンネルのタイプを示します。オプションはPublicPrivateです。

ボットとしてプライベートチャンネルにメッセージを送信するには、Okta Workflows Slackアプリ(プレビューまたは本番組織用)をプライベートチャンネルに招待する必要があります。これを行わないと、400 - Channel Not Found(チャンネルが見つかりません)エラーが返されます。

ドロップダウンFALSE
Message(メッセージ)
テキストメッセージのテキスト(絵文字、#channels、@users、/commandsが含まれている場合があります)。文字列TRUE
Thread Timestamp(スレッドタイムスタンプ) 別のメッセージのts値のタイムスタンプ。「個別のメッセージの取得」を参照してください。

注: 返信からのts値は絶対に使用しないでください。その代わりに、返信の親のts値を使用してください。

文字列FALSE
メッセージ [Message Type(メッセージタイプ)]Blocksの場合)
Blocks(ブロック)メッセージを構成するブロック。[+ click to add item(+ クリックしてアイテムを追加)] をクリックして、ブロックを追加します。「ブロックのレイアウト」を参照してください。 文字列TRUE
Notification Message(通知メッセージ)通知に表示するフォールバック文字列。 文字列TRUE
Thread Timestamp(スレッドタイムスタンプ) 別のメッセージのts値のタイムスタンプ。「個別のメッセージの取得」を参照してください。

注: 返信からのts値は絶対に使用しないでください。その代わりに、返信の親のts値を使用してください。

文字列FALSE
Slackbot ]([Send as Bot?(ボットとして送信?)]がTrueの場合)
Name(名前)メッセージの送信者として指定する名前。文字列FALSE
Icon Emoji(アイコン絵文字)コロンショートコードを使用して指定される、メッセージのプロフィール写真として使用する絵文字。たとえば、:owl:など。文字列FALSE
Icon URL(アイコンURL)メッセージのプロフィール写真として使用するアイコン画像へのURL。URLが指定されない場合、デフォルトのボットアイコンが使用されます。[Icon Emoji(アイコン絵文字)]で何らかの値が指定されている場合は、その値がこのフィールドに設定されているURLをオーバーライドします。文字列FALSE

出力

フィールド定義タイプ
Timestamp (タイムスタンプ)メッセージ送信時のタイムスタンプ。 文字列

関連項目

Slackコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Slack API