チャンネルの新規メッセージ

Slackチャンネルに新規メッセージが追加された時にフローをトリガーします。

注

このイベントカードを「チャンネルへのメッセージの送信」アクションカードと組み合わせると、ループが作成される場合があります。新規メッセージが投稿されたという通知がチャンネルに届くと、フローがそのメッセージに応答します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Channel(チャンネル)

監視するパブリックチャンネルのリスト。

注意

最大で200個のパブリックチャンネルが表示されます。

ドロップダウンには、Slack接続を作成したユーザーがメンバーであるチャンネルのみ表示されます。パブリックチャンネルの数が200を超える可能性がなくても、該当するすべてのチャンネルが表示されない場合があります。一覧表示されないパブリックチャンネルを指定するには、[Enter Channel ID(チャンネルIDの入力)]オプションを選択し、[Channel ID(チャンネルID)]入力フィールドに入力します。

障害が発生し、ドロップダウンにチャンネルが1つも表示されない場合は、[Enter Channel ID(チャンネルIDの入力)]オプションのみが表示されます。

ドロップダウンTRUE
Channel ID (チャンネルID)SlackチャンネルのID。[Channel (チャンネル)]ドロップダウンからチャンネルを選択した場合、フィールドは使用されません。文字列FALSE

注

入力できるのはパブリックチャンネルのIDのみです。[Channel ID (チャンネルID)]フィールドにプライベートチャンネルのIDを入力した場合、Slack接続エラーが表示されます。この場合はチャンネルIDを確認してください。

出力

フィールド定義タイプ
Message(メッセージ)
Text(テキスト)メッセージのテキスト。文字列
Timestamp(タイムスタンプ)メッセージが追加された時点のタイムスタンプ。文字列
Author(作成者)
Full Name(フルネーム)ユーザーのフルネーム。文字列
Username(ユーザー名)ユーザーのSlackユーザー名(@記号なし)。文字列
User ID(ユーザーID)

ユーザーの一意識別子。

文字列

関連項目

Slackコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Slack API