認可

Slackカードをフローに初めて追加する際、そのワークスペースの接続を設定するよう求められます。接続を設定することで、Slackアカウントにフローを接続し、データを保存して、このカードで次回フローを構築する際に同じ接続を再利用できます。

複数の接続を作成し、[Connections(接続)]ページから管理することができます。

Slackコネクタの接続は、1つのSlackワークスペースのみをポイントできます。Enterprise Grid組織で、接続のアカウントに複数のワークスペースが含まれる場合、接続は失敗します。

イベントまたはアクションカードから新規接続を作成するには、次の手順を実行します。

  1. [New Connection (新規接続)]をクリックします。

  2. [Connection Nickname (接続ニックネーム)]を追加します。これは、チームで共有するために複数の接続の作成を計画している場合に便利です。

  3. [Create (作成)]をクリックします。

  4. Slackアカウントを選択します。Slackアカウントにまだサインインしていない場合は、サインインするよう求められます。

  5. [Authorize (認可)]をクリックしてSlackデータへのアクセス権を付与します。この操作によって、ユーザーに代わってフローがメッセージを送信できるようになります。

フローでSlackカードを使用する際はいつでもこの接続を再利用できます。複数の接続を設定および保存して、チームメイトと共有することもできます。

サポートされているスコープ

files.write

関連項目

Slackコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Slack API