無効なフローの問題解決

フローを有効化できない理由は複数考えられます。

  • 資格情報が無効:フローで使用されるすべてのコネクタについて有効な資格情報が必要です。コネクタを認証できない場合は、そのフローを実行できません。

  • コネクタとカードの失効:別段の定めがない限り、コネクタのすべてのアップグレードには、後方互換性があります。ただし、一部のアップグレードによってフローが中断する場合もあります。このような場合、Oktaは、フローをアップグレードして再実行する方法に関するドキュメントとリリースノートを発行します。たとえば、場合によっては、アップグレード時にフローの既存アクションカードを交換する必要があります。

  • フローの構成ミス:フロー内の入力フィールドと出力フィールドの対応付けと関数が正しく構成されていません。たとえば、あるアクションカードの出力フィールドの型がNumber (値) にもかかわらず、別の型の入力フィールドに対応付けられている場合、フローが正しく実行されないことがあります。

Workflowsコンソールのアラートにより、デバッグ用にコネクタ名とIDが通知されます。