無効なフローの修復

構造が無効なフローは保存できません。

フローが無効になる原因としては通常、以下の3つが考えられます。

  • 必須の入力が存在しない

  • 孤立メソッドが無効である

  • 一部のフィールドが無効である

必須の入力が存在しない

必須の入力には、フィールド名の隣に 赤いアスタリスクが付けられています。すべてのカードをスキャンして、すべての必須入力に 値が割り当てられているか確認してください。フローに分岐がある場合 (たとえばIf/Elseを使用している場合)、分岐の内部も確認する必要があります。無効なカードは通常、表題が赤くなっています。

孤立メソッドが無効である

場合によっては、「Invalid isolated method (無効な孤立メソッド)」というアラートがフローの 一部またはすべてのカードに表示されます。このエラーは通常、フィールドが右から左に対応付けられている場合に発生します。場合によっては、すべてのカードを検索して、このエラーを検出する必要があります。X線投影図をオンにする (フローの上のツールバーの右側のボタンを押す) と、このエラーを見つけやすくなります。

たとえば、前の2つのカードの出力を合計するMath Addカードを含むフローがある場合、この Math Addカードを他の2つのカードのうち1つの左に移動すると、「Invalid isolated method」のアラートが表示されます。Math Addカードを元に戻すか 入力を修正すると、アラートが消えます。

一部のフィールドが無効である

ある分岐 (たとえばIf-ElseのFalse分岐) 内のあるフィールドをその分岐外のカードに対応付けると、「Some fields are invalid (一部のフィールドが無効)」というアラートが通常、カードに表示されます。別の分岐が実行されるとフィールドが存在しなくなるため、フィールドが無効と判断されます。同じ分岐内の宛先カードをソースフィールドとして移動すると、このアラートは消えます。分岐内のフィールドを分岐外で使用したい場合は、「Outputs (出力)」という分岐を使用して、後のステップに対応付ける値を各分岐から割り当てます。