ユースケース:ライフサイクルアクティビティ発生時の通知の送信

プロビジョニングやプロビジョニング解除、停止など、関連するライフサイクルイベントについてユーザーまたは管理者に通知します。

概要

問題:新しいユーザーがアプリに追加された時か削除された時、ユーザーが停止された時、またはユーザーが特定のアクションを実行した時にIT管理者は通知を受け取る必要があります。

解決策:任意のライフサイクルイベントが発生すると、Workflowsがメールかチャットアプリケーションを通じたカスタム通知をトリガーします。

アプリケーション:ライフサイクル管理をサポートするコネクタとともに、Gmail、Outlook、PagerDuty、ServiceNowを使用します。Workflowsコネクタの完全なリストについては、「コネクタ」を参照してください。

チュートリアル

このフローの実装に関する詳細なチュートリアルについては、「チュートリアル:基本通知フロー」を参照してください。

サンプルフロー1

サンプルフロー2

ガイドラインと制限事項

  • 下流アプリの制限によってフローの実行が成功しない場合があります。
  • このユースケースは組織の社内通知を想定したものです。外部エンドユーザーへの大量のメッセージ送信には対応していません。
  • Oktaイベントフックでは、1日の最大トランザクションが10万回までに制限されています。
  • Workflowsのシステム全体の制限も適用されます。「Workflowsのベストプラクティスと制限について」を参照してください。