ユースケース:ライフサイクルアクティビティの報告

ライフサイクルアクティビティに関する軽量なロギングとレポーティングを取得します。

概要

問題:IT管理者は事業部、アプリケーションオーナー、監査者、またはコンプライアンス担当者からのユーザーデータに関するリクエストに頻繁に対応しています。例:

  • このアプリケーションに割り当てられているユーザーは誰か?
  • 過去60日以内に停止されたユーザーは誰か?
  • このグループのメンバーなのに、先月ログインしていないユーザーは誰か?

解決策:受信イベントに基づいて、またはアプリケーション (Oktaを含む) の繰り返しポーリングを通じて、Workflowsテーブル内にカスタムレポートを作成して更新します。

アプリケーション:ライフサイクル管理をサポートするコネクタとともに、GoogleスプレッドシートかExcel Onlineを使用します。Workflowsコネクタの完全なリストについては、「コネクタ」を参照してください。

チュートリアル

このフローの実装に関する詳細なチュートリアルについては、「チュートリアル:基本レポートフロー」を参照してください。

サンプルフロー1

サンプルフロー2

ガイドラインと制限事項

  • スケジュールされたジョブとしてのレポーティングには大量のレコードを読み取る際の制限が適用されます。アップストリームシステムの完全インポートや同期、またはフロー内のメモリのユーザーセット全体のフィルタリングにWorkflowsを使用しないでください。
  • syslogの代わりとしてではなく、特に重要、または影響の大きいライフサイクルイベントのログ記録にWorkflowsを使用してください。
  • テーブルには次の制限があります。
    • 1つの組織につきテーブルは100個まで
    • テーブル1つあたりの最大行数は10万行
    • テーブル1つあたりの最大列数は256列
    • セル1つあたりの最大サイズは16kb
  • Workflowsのシステム全体の制限も適用されます。「Workflowsのベストプラクティスと制限について」を参照してください。