Workflowsでよくあるエラー

実行時、Workflowsではフローの実行中に問題を特定するための複数のエラータイプを出力できます。この表はWorkflowsのエラーコードについて説明したものです。

エラー説明
Connection Error (接続エラー)外部サービスに対するTCP接続を初期化できませんでした。
FS Error (FSエラー)ファイルシステムでエラーが発生しました。
Forbidden (禁止)リソースへのアクセスは禁止されています。
HTTP Error (HTTPエラー)外部サービスがHTTPエラーを返しました。メッセージには500ステータスコードが含まれていて、応答本文にはコンテンツがない場合があります。
HTTP Request Error (HTTPリクエストエラー)外部サービスがHTTPエラーを返しましたが、基になるエラーを説明した情報が応答本文に含まれていました。
Invalid Flow (無効なフロー)フローが無効で、解析または実行ができませんでした。
Invalid Input (無効な入力)システムモジュールに入力がないか、入力が無効です。
Invalid Type Conversion (無効なタイプ変換)タイプ変換操作を完了できませんでした
Network Error (ネットワークエラー)別の内部または外部のサービスとの通信を試みた際に低レベルのネットワークエラーが発生しました。
Not Active (非アクティブ)フローがアクティブではないため、実行できません。
Not Found (見つからない)リソースが見つかりませんでした。
OAuth Refresh Error (OAuth更新エラー)OAuthの更新に失敗しました。
Parse Error (解析エラー)JSONやXMLなどの値を解析できませんでした。
Timeout (タイムアウト)

フローのある1つのステップで実行に10分以上かかりました。多くの場合、この種のエラーはインフラストラクチャに問題があることを示しています。

URL Error (URLエラー)URLが無効です。
Unknown Error (不明なエラー)不明なエラーです。
User Error (ユーザーエラー)不明なユーザーエラーです。