Workflowsの既知の問題

Workflowsの既知の問題について紹介します。

Workflowsへのアクセス

Workflowsを適切に動作させるためには、SSO SKU を有効にしておく必要があります。Oktaヘルプセンターにアクセスするか、Oktaサポートまで問い合わせてください。

スプレッドシート機能

一部のコネクターではイベントのトリガーにポーリングを使用します。Googleスプレッドシートの新規行機能もそのようなイベントの1つです。ポーリングが原因でこれらのイベントが変更時にすぐトリガーされない場合がありますが、変更後にフローがアクティブになるまで10分以上かかることがあります。

コネクタイベントとアクションの制限

Workflowsのメモリ制限は、リアルタイムで生成されるコネクタのドロップダウンに表示される可能性があるアイテム数に影響します。たとえば、Oktaコネクタの場合、アプリケーションのドロップダウンリストを使うイベントやアクションでは最初の100個のアプリケーションしか表示できません。

関連項目

Workflowsのシステム制限