フローにおけるカードのエラー処理の設定

Workflowsのほとんどのカードで、エラー処理用の値を設定できます。

フローのカードの再試行は、「HTTP 429 Too Many Requests」エラーの結果としてのみ発生します。他のHTTPエラーでエラー処理を設定することはできません。

  1. 任意のカードの[Other options(その他のオプション)]歯車アイコンをクリックし、[Error handling(エラー処理)]を選択します。

  2. [Retry(再試行)]ドロップダウンで、エラー発生時にカードを再実行する回数の値を選択します。デフォルト値は0回です。

  3. [After(再試行までの時間)]ドロップダウンで、再試行間でカードが待機する時間の値を選択します。デフォルト値は5分です。

    このオプションは、たとえば、アプリケーションを利用できないためにカードがエラーを表示し、フローが中断なく再開できるように待機する必要がある場合に便利です。

  4. [Then(エラー時の動作)]ドロップダウンで、カードが実行できなかった場合のカードの動作を選択します。選択肢は、[Halt Flow(フローの停止)][Return Values(値を返す)][Run another Flow(別のフローを実行)]です。

    • Halt Flow(フローの停止):エラーを表示してフローを停止します。

    • Return Values(値を返す):エラーを表示してフローを停止しますが、別のフローにカスタムメッセージを送信します。フィールドを追加し、値を入力するか、フローの前の段階で得られる出力をドラッグアンドドロップできます。

    • Run another Flow(別のフローを実行):エラーを表示してフローを停止しますが、ヘルパーフローを実行します。ヘルパーフローで入力を受け付ける場合、[Choose Flow(フローの選択)]をクリックし、[Select flow(フローの選択)]ダイアログからヘルパーフローを選択してフローを呼び出します。ヘルパーフローは、ヘルパーフローのカードの[Error(エラー)]出力フィールドを使ってエラーの詳細情報を取得できます。「親フローとその他のフロータイプ」を参照してください。

自動再試行の例外

カードが次のいずれかのHTTPステータスコードを返す場合、エラー処理によって再試行はトリガーされません。一般に、カードがこれらのステータスメッセージのいずれかを返す場合、試行を繰り返してもリクエストの結果は変わりません。「HTTPステータスコード」を参照してください。

クライアントエラー
  • 400 - Bad Request(不正な要求)
  • 401 - Unauthorized(未承認)
  • 402 - Payment Required(支払が必要)
  • 403 - Forbidden(禁止)
  • 404 - Not Found(見つからない)
  • 405 - Method Not Allowed(メソッド不許可)
  • 409 - Conflict(競合)
  • 413 - Payload Too Large(ペイロード過大)
  • 421 - Misdirected Request(リクエストの誤リダイレクト)
  • 422 - Unprocessable Entity(処理不能なエンティティ)
サーバーエラー
  • 500 - Internal Server Error(内部サーバーエラー)
  • 503 - Service Unavailable(サービス利用不可)
  • 504 - Gateway Timeout(ゲートウェイタイムアウト)

これらのうちいずれかのHTTPステータスコードが返された後に再試行をするフローを構築する必要がある場合は、「If Error」を参照してください。