オブジェクトをコピーする

AWS S3内の指定のバケットにオブジェクトをコピーします。

注

作成先のリージョンが異なるバケット間では、オブジェクトをコピーできません。

オプション

フィールド 定義 タイプ 必須
Region(リージョン) AWS S3バケットのリージョン。使用するAWS S3バケットのリージョンを選択します。 ドロップダウン
Canned ACL(規定ACL) オブジェクトに適用される規定のACL(アクセス制御リスト)。ドロップダウンからオプションを選択します。

ドロップダウンから[None(なし)]を選択した場合、以下の入力フィールドが生成されます。

  • Grant Full Control(フルコントロールを付与)

  • Grant Read(参照権限を付与)

  • Grant Read ACP(ACP参照権限を付与)

  • Grant Write ACP(ACP更新権限を付与)

ドロップダウンから[None(なし)]を選択しなかった場合は上述の入力フィールドは生成されず、アップロードしたオブジェクトには選択した規定ACLが適用されます。

ドロップダウン

入力

フィールド 定義 タイプ Required (必須)
Source(ソース)
Bucket(バケット) ソースバケットの名前。 文字列
Key(キー) ソースオブジェクトのキー。 文字列
Version ID(バージョンID) コピーするオブジェクトの現行バージョンの一意のバージョンID。空で残した場合、最新のオブジェクトバージョンがコピーされます。バージョンIDがnullの場合は「null」という文字列を入力します。 文字列
Server Side Encryption Customer Algorithm(サーバー側暗号化顧客アルゴリズム) オブジェクトの暗号化に使用するアルゴリズムを指定します

(例:AES256)。

文字列
Server Side Encryption Customer Key(サーバー側暗号化顧客キー) ソースオブジェクトの復号に使用される、AWS S3の顧客提供の暗号化キーを指定します。このヘッダーに指定する暗号化キーは、ソースオブジェクトの作成時に使用されたキーである必要があります。 文字列
Server Side Encryption Customer Key MD5(サーバー側暗号化顧客キーMD5) RFC 1321に準拠した、暗号化キーの128ビットMD5ダイジェストを指定します。 文字列
Expected Bucket Owner(想定バケット所有者) 想定されるソースバケット所有者のアカウントID。別のアカウントがソースバケットを所有している場合、リクエストはHTTP 403(アクセス拒否)エラーで失敗します。 文字列
If Match(一致した場合) オブジェクトのエンティティタグ(ETag)が指定のタグと一致する場合にオブジェクトをコピーします。 文字列
If Modified Since(指定日時以降に変更されている場合) 指定した日時以降に変更されている場合にオブジェクトをコピーします。

たとえば、「Fri, 14 Jan 2022 23:34:36 GMT」と指定します。

文字列
If None Match(一致なしの場合) オブジェクトのETagが指定のETagと異なる場合にオブジェクトをダウンロードします。 文字列
If Unmodified Since(指定日時以降に未変更の場合) 指定した日時以降に変更されていない場合にオブジェクトをコピーします。

たとえば、「Fri, 14 Jan 2022 23:34:36 GMT」と指定します。

文字列 FALSE
Destination(インポート先)
Bucket(バケット) 宛先バケットの名前。 文字列
Key(キー) 宛先オブジェクトのキー。最小の長さは1です。 文字列 TRUE
Grant Full Control(フルコントロールを付与) 権限付与の対象者が、オブジェクトに対する参照、更新、ACP参照、ACP更新権限を持てるようにします。[Canned ACL(規定ACL)]パラメーターで[None (なし)]が選択されている場合にのみ生成されます。
  • [ID]:AWSアカウントの標準的ユーザーIDを値として指定する場合

  • [URI]:事前に定義されたグループに権限を付与する場合

  • [Email address(メールアドレス)]:AWSアカウントのメールアドレスを値として指定する場合。

例:ID=11112222333

文字列のリスト
Grant Read(参照権限を付与) 権限付与の対象者が、オブジェクトデータとそのメタデータを読み取れるようにします。[Canned ACL(規定ACL)]パラメーターで[None (なし)]が選択されている場合にのみ生成されます。
  • [ID]:AWSアカウントの標準的ユーザーIDを値として指定する場合
  • [URI]:事前に定義されたグループに権限を付与する場合

  • [Email address(メールアドレス)]:AWSアカウントのメールアドレスを値として指定する場合。

例:ID=11112222333

文字列のリスト
Grant Read ACP(ACP参照権限を付与) 権限付与の対象者が、オブジェクトACLを読み取れるようにします。[Canned ACL(規定ACL)]で[None (なし)]が選択されている場合にのみ生成されます。
    [ID]:AWSアカウントの標準的ユーザーIDを値として指定する場合
  • [URI]:事前に定義されたグループに権限を付与する場合

  • [Email address(メールアドレス)]:AWSアカウントのメールアドレスを値として指定する場合。

例:ID=11112222333

文字列のリスト
Grant Write ACP(ACP更新権限を付与) 権限付与の対象者が、該当オブジェクトのACLを書き込めるようにします。[Canned ACL(規定ACL)]で[None (なし)]が選択されている場合にのみ生成されます。
    [ID]:AWSアカウントの標準的ユーザーIDを値として指定する場合
  • [URI]:事前に定義されたグループに権限を付与する場合

  • [Email address(メールアドレス)]:AWSアカウントのメールアドレスを値として指定する場合。

例:ID=11112222333

文字列のリスト FALSE
Metadata Directive(メタデータディレクティブ) メタデータをソースオブジェクトからコピーするか、リクエストで提供されたメタデータに置き換えるかを指定します。

取り得る値は次のとおりです。

  • Copy

  • Replace(置換)

ドロップダウン FALSE
Object Lock Legal Hold(オブジェクトロック法的保留) コピーしたオブジェクトに法的保留を適用するかどうかを指定します。

取り得る値は次のとおりです。

  • On

  • Off

ドロップダウン FALSE
Content MD5(コンテンツMD5) Base64エンコードされた128ビットのMD5ダイジェスト。RFC 1864に従ってヘッダーはありません。入力は、最初に送信されたデータと同じデータであることを確認するメッセージ整合性チェックとして使用されます。RESTリクエスト認証の詳細については、「REST認証」を参照してください。Object Lock Legal Hold(オブジェクトロック法的保留)フィールドと併用されます。 文字列 FALSE
Object Lock Mode(オブジェクトロックモード) コピーしたオブジェクトに適用するオブジェクトロックモード。

取り得る値は次のとおりです。

  • Governance(ガバナンス)

  • Compliance(コンプライアンス)

ドロップダウン FALSE
Object Lock Retain Until Date(オブジェクトロック保持期限) コピーしたオブジェクトのオブジェクトロックを期限切れにする日時。 文字列
Request Payer(リクエスト支払者) リクエストが課金の対象であることを依頼者が知っていることを確認します。 ドロップダウン FALSE
Server Side Encryption(サーバー側暗号化) このオブジェクトをAWS S3に保存する際に使用されるサーバー側暗号化アルゴリズム。

取り得る値は次のとおりです。

  • AES256

  • aws:kms

ドロップダウン FALSE
Server Side Encryption AWS KMS Key ID(サーバー側暗号化AWS KMSキーID) オブジェクトの暗号化に使用するAWS KMSキーIDを指定します。 文字列 FALSE
Server Side Encryption Bucket Key Enabled(サーバー側暗号化バケットキー有効) AWS S3が、AWS KMS(SSE-KMS)を使ったサーバー側暗号化によるオブジェクトの暗号化にS3バケットキーを使用する場合はTrue。それ以外の場合はFalse

このヘッダーをtrueに設定すると、AWS S3は、SSE-KMSを使ったオブジェクト暗号化用のS3バケットキーを使用します。

ブール値 FALSE
Server Side Encryption Context(サーバー側暗号化コンテキスト) オブジェクトの暗号化に使用するAWS KMS暗号化コンテキストを指定します。このヘッダーの値は、暗号化コンテキストのキーと値のペアを保持するJSONをbase64エンコードしたUTF-8文字列です。 文字列
Server Side Encryption Customer Algorithm(サーバー側暗号化顧客アルゴリズム) オブジェクトの暗号化に使用するアルゴリズムを指定します

(例:AES256)。

文字列
Server Side Encryption Customer Key(サーバー側暗号化顧客キー) AWS S3がデータの暗号化に使用した顧客提供の暗号化キーを指定します。この値は、オブジェクトの保存に使った後で破棄されます。AWS S3は暗号化キーを保存しません。 文字列
Server Side Encryption Customer Key MD5(サーバー側暗号化顧客キーMD5) RFC 1321に準拠した、暗号化キーの128ビットMD5ダイジェストを指定します。 文字列
Expected Bucket Owner(想定バケット所有者) 想定されるソースバケット所有者のアカウントID。別のアカウントがソースバケットを所有している場合、リクエストはHTTP 403(アクセス拒否)エラーで失敗します。 文字列 FALSE
Storage Class(ストレージクラス) デフォルトでは、AWS S3は新規作成されたオブジェクトの保存に標準ストレージクラスを使用します。標準ストレージクラスは、高い耐久性と高可用性を提供します。

取り得る値は次のとおりです。

  • Standard(標準):デフォルトのストレージクラス。

  • Reduced Redundancy(削減冗長性):S3標準ストレージクラスより低い冗長性で保存できる、重要度の低い再現性の高いデータ向けに設計されています。

  • Standard IA(標準IA)AWS S3は、地理的に離れた複数の利用可能地域に冗長的にオブジェクトデータを保存します。

  • Onezone IA(単一ゾーンIA):再作成可能な、アクセス頻度の低いデータ(月1回)へのミリ秒単位のアクセス。

  • Intelligent Tiering(インテリジェントティアリング):アクセスパターンが不明、変更される、または予測できないデータ。

  • Glacier:長期保存され、四半期に一度、ミリ秒単位でアクセスされるアーカイブデータ。

  • Deep Archive(深いアーカイブ):年1回以下のアクセスで、検索時間が数時間の長期保存アーカイブデータ。

  • Outposts(アウトポスト):AWS Outpostsで、アクセスポリシー、暗号化、タグ付けなど、AWS S3と同じAPIと機能を使用します。

ドロップダウン FALSE
Tagging Directive(タグディレクティブ) オブジェクトのタグ設定をソースオブジェクトからコピーするか、リクエストで提供されたタグセットに置き換えるかを指定します。

取り得る値は次のとおりです。

  • Copy

  • Replace(置換)

ドロップダウン FALSE
Tagging(タグ付け) オブジェクトの宛先オブジェクトのタグセット。この値は、[Tagging Directive(タグディレクティブ)]と併用する必要があります。 文字列 FALSE
Website Redirect Location(Webサイトリダイレクトロケーション) バケットがWebサイトとして構成されている場合、このオブジェクトへのリクエストを同一バケット内の別のオブジェクトまたは外部URLにリダイレクトします。 文字列

出力

フィールド 定義 タイプ
Response (レスポンス)
Version ID(バージョンID) 新たに作成されたコピーの一意のバージョンID。 文字列
Source Version ID(セキュアバージョンID) 宛先バケットにコピーされたオブジェクトのバージョン。 文字列
Server Side Encryption(サーバー側暗号化) このオブジェクトをAWS S3に保存する際に使用されるサーバー側暗号化アルゴリズム。 文字列
Server Side Encryption AWS KMS Key ID(サーバー側暗号化AWS KMSキーID) オブジェクト向けに使用されたAWSキー管理サービス(AWS KMS)対称顧客管理キーのIDを指定します。 文字列
Server Side Encryption Bucket Key Enabled(サーバー側暗号化バケットキー有効) コピーされたオブジェクトが、AWS KMSでのサーバー側暗号化(SSE-KMS)のS3バケットキーを使用するかどうかを指定します。 文字列
Server Side Encryption Context(サーバー側暗号化コンテキスト) オブジェクトの暗号化に使用するAWS KMS暗号化コンテキストを指定します。 文字列
Server Side Encryption Customer Algorithm(サーバー側暗号化顧客アルゴリズム) 顧客提供の暗号化キーでのサーバー側暗号化が要求された場合、レスポンスには暗号化アルゴリズムの使用を確認するこのヘッダーが含まれます。 文字列
Server Side Encryption Customer Key MD5(サーバー側暗号化顧客キーMD5) 顧客提供の暗号化キーによるサーバー側暗号化が求められた場合、顧客提供暗号化キーの往復メッセージ整合性検証を提供するためにレスポンスにはこのヘッダーが含まれます。 文字列
Request Charged(リクエスト課金済み) リクエストが問題なく依頼者に課金されたことを示します。

取り得る値:Requester(依頼者)

文字列
Last Modified(最終変更) オブジェクトの作成日。 数値
ETag 新規オブジェクトのETagを返します。ETag は、オブジェクトのコンテンツに対する変更のみを反映し、そのメタデータは反映しません。 文字列

関連項目

AWS S3コネクター

Workflows要素

AWS S3 Rest APIの概要