ユーザーを更新する

ユーザーIDを使用してユーザーを更新します。このアクションを実行するには、Box管理者である必要があります。

入力

フィールド 定義 タイプ Required (必須)
User ID(ユーザーID)

ユーザーの一意識別子。

文字列
Address(住所) ユーザーの住所。 文字列
Can See Managed Users(管理対象ユーザーを表示可能) ユーザーが自分の宛先リストで他の企業ユーザーを確認できるかどうかを示します。 ブール値
Enterprise(企業) nullに設定すると、ユーザーを企業から転出させ、フリーユーザーにできます。 文字列
Is Exempt From Device Limits(デバイス制限から除外) ユーザーを企業のデバイス制限から除外するかどうかを示します。 ブール値
Is Exempt From Login Verification (ログイン検証から除外) ユーザーが2要素認証を使用する必要があるかどうかを示します ブール値
Is External Collab Restricted(外部コラボレーションを制限) ユーザーが自社以外のユーザーとコラボレーションすることを許可されているかどうかを示します ブール値
Is Password Reset Required(パスワードリセットが必要) ユーザーがパスワードをリセットする必要があるかどうかを示します。 ブール値
Is Sync Enabled(同期が有効) ユーザーがBox Syncを使用できるかどうかを示します。 ブール値
Job Title(役職名) ユーザーの役職名。 文字列
Language(言語) ユーザーの言語で、ISO 639-1形式の修正バージョンで書式設定されます。 文字列
Login(ログイン) ユーザーのメールアドレス。 文字列
Name(名前)

ユーザーの名前。

文字列
Notification Email(通知メール) 通知が送信される代替通知メールアドレス。確定すると、これは一次メールアドレスの代わりに通知が送信されるメールアドレスになります。通知メールを削除するには、nullを設定します。 文字列
Notify(通知) ユーザーが企業から転出した際にメールを受信する必要があるかどうかを示します。 ブール値
Phone(電話) ユーザーの電話番号。 文字列
Role(ロール) ユーザーのロール(userまたはco-admin)。 ドロップダウン
Space Amount (in Bytes)(容量(バイト)) ユーザーに割り当てられた容量(バイト)。 数値
Status(ステータス) ユーザーのステータス(たとえば、ActiveまたはInactive)。 ドロップダウン
Timezone(タイムゾーン) ユーザーのタイムゾーン。 文字列
Tracking Codes (追跡コード) 追跡コードを使用すると、管理者はAdmin Consoleからレポートを生成し、特定のユーザーのグループに属性を割り当てることができます。 文字列

出力

フィールド 定義 タイプ
User ID(ユーザーID)

ユーザーの一意識別子。

文字列
Address(住所) ユーザーの住所。 文字列
Avatar Url(アバターURL) ユーザーのアバター画像のURL 。 文字列
Can See Managed Users(管理対象ユーザーを表示可能) ユーザーが自分の宛先リストで他の企業ユーザーを確認できるかどうかを示します。 ブール値
Created At(作成日時)

オブジェクトが作成された日時。

日時
Enterprise(企業) nullに設定すると、ユーザーを企業から転出させ、フリーユーザーにできます。 文字列
Is Exempt From Device Limits(デバイス制限から除外) ユーザーを企業のデバイス制限から除外するかどうかを示します。 ブール値
Is Exempt From Login Verification(ログイン検証から除外) ユーザーが2要素認証を使用する必要があるかどうかを示します。 ブール値
Is External Collab Restricted(外部コラボレーションを制限) ユーザーが自社以外のユーザーとコラボレーションすることを許可されているかどうかを示します。 ブール値
Is Password Reset Required(パスワードリセットが必要) ユーザーがパスワードをリセットする必要があるかどうかを示します。 ブール値
Is Sync Enabled(同期が有効) ユーザーがBox Syncを使用できるかどうかを示します。 ブール値
Job Title(役職名) ユーザーの役職名。 文字列
Language(言語) ユーザーの言語で、ISO 639-1形式の修正バージョンで書式設定されます。 文字列
Login(ログイン) ユーザーのメールアドレス。 文字列
Max Upload Size (in bytes)(最大アップロードサイズ(バイト)) ユーザーがアップロードできる個別ファイルのバイト単位の最大サイズ。 文字列
Modified At(変更日時) ユーザーオブジェクトが最後に変更された日時。
Name(名前)

ユーザーの名前。

文字列
Notification Email(通知メール) 通知が送信される代替通知メールアドレス。確定すると、これは一次メールアドレスの代わりに通知が送信されるメールアドレスになります。通知メールを削除するには、nullを設定します。 文字列
Phone(電話) ユーザーの電話番号。 文字列
Role(ロール) ユーザーのロール(userまたはco-admin)。 ドロップダウン
Space Amount (in Bytes)(容量(バイト)) ユーザーに割り当てられた容量(バイト)。 数値
Status(ステータス) ユーザーのステータス(たとえば、ActiveまたはInactive)。 ドロップダウン
Timezone(タイムゾーン) ユーザーのタイムゾーン。 文字列
Tracking Codes (追跡コード) 追跡コードを使用すると、管理者はAdmin Consoleからレポートを生成し、特定のユーザーのグループに属性を割り当てることができます。 文字列

関連項目

Boxコネクター

Workflows要素

Box APIのドキュメント