認可

Evident IDカードを初めてフローに追加すると、Evident IDテナントへの接続の設定が求められます。これにより、Evident IDアカウントへの接続、アカウント情報の保存、およびEvident IDが含まれる新しいフローでの接続の再利用が可能になります。

注

複数の接続を作成し、[Connections(接続)]ページから管理できます。

新しい接続の作成

  1. Workflowsプラットフォームの[Connections(接続)]タブを開くか、Evident IDアクションカードを開きます。[New Connections (新しい接続)] をクリックして、[Evident ID]をクリックします。

  2. [Connection Nickname(接続ニックネーム)]を入力します。これは、チームで共有するために複数のEvident ID接続の作成を計画している場合に便利です。

  3. Evident IDアカウントの名前を[Account Name (アカウント名)]フィールドに入力します。

  4. [Account Type(アカウントタイプ)]ドロップダウン リストで [Production(本番)]または[Demo(デモ)]オプションを選択します。

  5. Sandbox/Demoアカウントにアクセスする場合は、[Demo(デモ)]を選択します。

  6. [API Key (APIキー)]フィールドにAPIキーを入力します。たとえば、「Zi4QPf8SyxByStMM6BqxCCLXEW4SrIo4hc0m5rR9PuI」と入力します。APIキーは、お客様ポータルのAPI設定ページに掲載されています。

  7. [Create(作成)]をクリックします。

  8. メッセージが表示されたら、[Allow (許可)]をクリックします。

関連項目

Evident IDコネクター

Workflows要素

Evident ID APIのドキュメント