Organizationからユーザーを削除する

GitHubでOrganizationから特定のユーザーを削除します。

フローでこのアクションカードを使用するには、GitHubインスタンスでアプリ用のSAMLサポートをセットアップする必要があります。また、Organizationの所有者である必要もあります。

OktaGitHub間のSAMLサポートのセットアップについては、「Oktaを使用してSAMLシングルサインオンとSCIMを構成する」を参照してください。

この削除アクションは、ユーザーがどのようにGitHubOrganizationに追加されたかには依存しません。SCIM API呼び出しを使ってユーザーをOrganizationに追加した場合、ユーザーのSCIM情報も削除されます。「Organizationにユーザーを追加する」を参照してください。

GitHub SCIM APIを通じて追加されたものの招待を了承しなかったユーザーをこのカードを使用して削除する場合、その招待はキャンセルされます。ただし、ユーザーのSCIM情報はGitHubのOrganizationに残ります。ユーザーにSCIM API呼び出しを通じて新しい招待を送信するにはまず、GitHub のOrganizationからSCIMユーザーを削除するエンドポイントを呼び出します。このアクションは[カスタムAPIアクション]カードまたはその他のAPIソリューションで実行できます。

オプション

フィールド 定義 タイプ 必須
Organization(Organization) GitHubのOrganization。 ドロップダウン FALSE

入力

フィールド 定義 タイプ 必須
[Username(ユーザー名)] ユーザーのユーザー名。これはログインまたはユーザー名です。 文字列 TRUE

出力

フィールド 定義 タイプ
Status Code(ステータスコード) 操作の結果。コネクターは、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示す、HTTPステータスコードを返します。例:
  • 201 Createdステータスコードは、アクションが成功し、新しいリソースが作成されたことを示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「HTTPステータスコード」を参照してください。

数値

関連項目

GitHubコネクター

Workflows要素

GitHub APIのドキュメント