ユーザーにライセンスを割り当てる

Google Workspaceユーザーにライセンスを割り当てます。

詳細については、Googleのライセンスドキュメンテーションページを参照してください。

入力

フィールド 定義 タイプ 必須
Product (製品)
Licenses(ライセンス) ユーザーに割り当てる製品ライセンスのリスト(または単一のライセンス)。例:
コピー
[{
"skuid": "1010020028",
"productid": "Google - Apps"
}]
オブジェクトのリスト
ユーザー
プライマリメール ライセンスを割り当てるユーザーのメールアドレス。 文字列
注意

すでに割り当て済みのライセンスをユーザーに割り当てようとすると、アクションカードで次のエラーが返されます。

  • 割り当てようとしたライセンスが自動的に新規ユーザーに割り当てられた場合、503ステータスのエラーコードがスローされます。

  • 割り当てようとしたライセンスが自動的に新規ユーザーに割り当てられず、カードに指定されている現在割り当て済みのユーザーに割り当てられたままの場合、412ステータスのエラーコードがスローされます。

Google WorkspaceアカウントについてクラウドIDフリーライセンスがデフォルトで割り当てられる場合、このライセンスはすべての新規ユーザーに自動的に割り当てられることに注意してください。

Output(出力)

フィールド 定義 タイプ
License Name(ライセンス名) 割り当てられたライセンスの名前。 文字列
Status Code(ステータスコード)

操作の結果。コネクターは、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示す、HTTPステータスコードを返します。例:

  • 201 Createdステータスコードは、アクションが成功し、新しいリソースが作成されたことを示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「HTTPステータスコード」を参照してください。

数値

関連項目

Google Workspace Adminコネクター

Workflows要素

Google Workspace APIのドキュメント