すべてのユーザーデバイスを読み取る

Google Workspaceのすべてのユーザーデバイスを参照します。

入力

フィールド 定義 タイプ 必須
Ready By (参照条件)
メール デバイス所有者のプライマリーメールアドレス。 文字列 TRUE

出力

フィールド 定義 タイプ
Mobile Devices (モバイルデバイス)
Device ID(デバイスID) Google Syncモバイルデバイスのシリアル番号。 文字列
名前 ユーザーの名前。 テキストのリスト
ETag リソースのETag。 文字列
Kind(種類) APIリソースのタイプ。モバイルデバイスの場合、値はadmin#directory#mobiledeviceです。 文字列
Resource ID(リソースID) APIサービスがモバイルデバイスを識別するために使用する一意識別子。 文字列
Model(モデル) モバイルデバイスのモデル名。たとえば、Nexus Sなど。 文字列
OS モバイルデバイスのオペレーティングシステム。たとえば、iOS 4.3またはAndroid 2.3.5など。 文字列
ステータス モバイルデバイスのステータス。
  • ACCOUNT_WIPED:リモートワイプはデバイスが属するアカウントを削除します。

  • ACCOUNT_WIPING:デバイスが属するアカウントはリモートでワイプされます。

  • APPROVED:デバイスは承認されています。

  • BLOCKED:ブロックされているデバイスは、引き続きAdmin Consoleの[Devices(デバイス)]タブに表示されますが、ユーザーはデバイスからメールやカレンダーなどのGoogle Workspaceデータにアクセスできません。モバイルデバイスではブロックされますが、このユーザーは引き続きデスクトップコンピューターからGoogle Workspaceサービスを利用できます。ユーザーは、ブロックの対象となるすべてのGoogle Workspaceアクセス権を保留される必要があります。

  • PENDING:デバイスの承認は保留中です。デバイスがアカウント管理者によって承認されず、有効になっていない場合、新しく追加されたデバイスのステータスはPENDINGです。

  • UNKNOWN:デバイスのステータスは不明です。

  • UNPROVISIONED:これはデフォルトの状態です。ドメインでデバイスのアクティベーションが必須の場合、デバイスはこのステータスで開始し、プロビジョニングが完了するまでそのままです。

  • WIPED:リモートワイプは、デバイスからメール、カレンダー、連絡先といったデバイスベースのすべてのデータを削除しますが、デバイスのSDカードに保管されているデータを削除しない場合があります。ユーザーのGoogle Workspaceデータは、Webブラウザーなど他の承認済みモバイルデバイスで引き続き利用できます。コンテンツが削除されると、デバイスの設定はデフォルトにリセットされます。

  • WIPING:デバイスはリモートでワイプされます。AndroidおよびiOSデバイスの場合、デバイスは通常、数秒以内にリモートワイプコマンドを受信します。ただし、コマンドがすぐにデバイスに到達しない場合があるため、Device Policyアプリは3時間おきにサーバーに問い合わせ、ワイプコマンドの有無をチェックします。したがって、デバイスがワイプされるまでの最大時間は約3時間またはデバイスがネットワークに再接続したときとなります。

文字列
メール デバイス所有者のプライマリーメールアドレス。 テキストのリスト
Hardware ID(ハードウェアID) AndroidハードウェアのIMEI/MEID一意識別子。Google Syncデバイスには適用されません。 文字列
First Sync (最初の同期) デバイスがAdmin Consoleのポリシー設定と最初に同期した日時。値はISO 8601日時形式です。 日時
Last Sync(最終同期日時) デバイスがAdmin Consoleのポリシー設定と最後に同期した日時。値はISO 8601日時形式です。 日時
User Agent(ユーザーエージェント) OSバージョンなど、デバイスに関する情報を提供します。 文字列
Serial Number(シリアル番号) モバイルデバイスのシリアル番号。 文字列
IMEI モバイルデバイスのIMEI番号。 文字列
MEID モバイルデバイスのMEID番号。 文字列
WiFI MAC Address(WiFI MACアドレス) モバイルデバイスのWi-Fiネットワーク上のMACアドレス。 文字列
Network Operator(ネットワーク事業者) モバイルデバイスの携帯電話またはネットワーク事業者。 文字列
Default Language(デフォルトの言語) デバイスで使用されるデフォルトの言語。 文字列
Compromised Status (不正アクセスステータス) 不正アクセスされたデバイスのステータス:
  • Compromise detected:ロック解除されたブートローダーの存在、カスタムROMの使用、デバイス上の「SU(スーパーユーザー)バイナリー」の存在など、モバイルデバイスが不正アクセスされた兆候があります。

  • No compromise detected:デバイスで不正アクセスは検出されていません。

  • Undetected:デバイスのステータスは不明です。

文字列
OS Build Number(OSビルド番号) モバイルデバイスのオペレーティングシステムのビルド番号。 文字列
Kernel Version(カーネルバージョン) モバイルデバイスのカーネルバージョン。 文字列
Baseband Version(ベースバンドバージョン) モバイルデバイスのカーネルバージョン。 文字列
Is Owner Profile?(所有者プロファイル?) このアカウントが所有者またはプライマリープロファイルに存在するかどうかを示します。 ブール値
Is Unknown Sources Enabled?(不明なソースが有効?) デバイスで不明なソースが有効または無効のどちらであるかを示します。 ブール値
Is Adb Enabled?(Adbが有効?) デバイスでAdb(USBデバッグ)が有効または無効のどちらであるかを示します。 ブール値
Is Developer Options Enabled?(開発者オプションが有効?) デバイスで開発者オプションが有効または無効のどちらであるかを示します。 ブール値
Is Work Profile Supported?(仕事用プロファイルのサポート?) デバイスで仕事用プロファイルがサポートされているかどうかを示します。 ブール値
Manufacturer(メーカー) モバイルデバイスのメーカー。 文字列
Release Version(リリースバージョン) モバイルデバイスのリリースバージョン。 文字列
Security Patch Level(セキュリティパッチレベル) モバイルデバイスのセキュリティパッチレベル。 数値
Brand(ブランド) モバイルデバイスのブランド。 文字列
Bootloader Version(ブートローダーバージョン) モバイルデバイスのブートローダーバージョン。 文字列
Hardware(ハードウェア) モバイルデバイスのハードウェア。 文字列
Encryption Status(暗号化ステータス) モバイルデバイスの暗号化ステータス。 文字列
Password Status (パスワードステータス) モバイルデバイスのパスワードステータス:
  • Off

  • On

  • Unknown(不明)

文字列
DM Agent Permission (DMエージェント権限) デバイス管理用に権限が付与されるロール:
  • Device administrator

  • Device owner

  • Profile owner

  • Undetected

文字列

関連項目

Google Workspace Adminコネクター

Workflows要素

Google Workspace APIのドキュメント