ユーザーを検索する

Google Workspaceのユーザーを検索します。

この操作は、同一接続ドメインの一部であるユーザーに対して実行されます。

オプション

フィールド 定義 タイプ Required (必須)

Return

検索結果をフィルタリングする方式を選択します。

  • [最初の一致レコード]:一致する最初のレコードが返されます。

  • [最初に一致した100レコード]:最初に一致した100件のレコードを返します。

  • [一致レコードのストリーミング]:一致するすべてのレコードが親フローからヘルパーフローに渡されます。

    このオプションを選択すると、ストリーミングのためのヘルパーフローを選択し、カスタム拡張可能フィールドを追加できる[Streaming(ストリーミング)]入力セクションがカードに追加されます。

ドロップダウン

入力

フィールド 定義 タイプ Required (必須)

Search By(検索条件)

Name(名前)

ユーザーの名前。

テキスト

FALSE

Email(メール)

ユーザーのメールアドレス。

テキスト

FALSE

First Name(名)

ユーザーの名。

テキスト

FALSE

Last Name(姓)

ユーザーの姓。

テキスト

FALSE

Is Admin?(管理者?)

ユーザーにスーパー管理者権限があるかどうかを示します。

このフィールドは、Make User Adminアクションカードでのみ編集できます。

True/False

FALSE

Is Delegated Admin?(代理管理者?)

ユーザーが代理管理者であるかどうかを示します。

APIは代理管理者をサポートしますが、ユーザーの作成または復活を行ったりユーザーを管理者にしたりすることはできません。APIは、このようなリクエストを無視します。

管理者のロールと権限の割り当てにはAdmin Consoleが使用されます。

True/False

FALSE

Is Suspended?(保留?)

ユーザーが一時停止されているかどうかを示します。

True/False

FALSE

IM Network ID(IMネットワークID)

ユーザーのIMアカウント。ユーザーは複数のIMアカウントを持つことができますが、プライマリは1つのみです。

テキスト

FALSE

External ID(外部ID)

ユーザーの一意の外部ID。

テキスト

FALSE

Manager Email(マネージャーメール)

ユーザーのマネージャーのメールアドレス。

テキスト

FALSE

Manager ID(マネージャーID)

ユーザーのマネージャーの一意識別子。

テキスト

FALSE

Direct Manager Email(直接マネージャーメール)

ユーザーの直接マネージャーのメールアドレス。

テキスト

FALSE

Direct Manager ID (直接マネージャーID)

ユーザーの直接マネージャーの一意識別子。

テキスト

FALSE

Address(住所)

ユーザーの住所。

テキスト

FALSE

Address Street(住所の番地)

ユーザーの住所の番地部分。

テキスト

FALSE

Address PO Box(住所の私書箱)

ユーザーの私書箱。

テキスト

FALSE

Address City(住所の市)

ユーザーの住所の市。

テキスト

FALSE

Address Region(住所の都道府県)

ユーザーの住所の都道府県。

テキスト

FALSE

Address Postal Code(住所の郵便番号)

ユーザーの住所の郵便番号。

テキスト

FALSE

Address Country(住所の国)

ユーザーの住所の国。

テキスト

FALSE

Organization Name(組織名)

組織の名前。

テキスト

FALSE

Organization Department(組織の部門)

ユーザーが関連付けられた組織内の部門(たとえば、販売または技術など)。

テキスト

FALSE

Organization Description(組織の説明)

組織の説明。

テキスト

FALSE

Organization Cost Center(組織のコストセンター)

組織のコストセンター。

テキスト

FALSE

Phone(電話)

組織の電話番号。

テキスト

FALSE

Organizational Unit Path(組織単位パス)

ユーザーが関連付けられている組織への完全パス。

パスには先頭のスラッシュ(/)が必要です。これがない場合、400「不正リクエスト」メッセージが返されます。たとえば、組織単位が/corp/sales/sales_supportであれば、親パスは/corp/salesです。

組織キーは必要ありません。

テキスト

FALSE

Is Enrolled in 2SV?(2SVで登録?)

ユーザーが2段階検証で登録されるかどうかを示します。

テキスト

FALSE

Is Enforced in 2SV?(2SVを強制?)

ユーザーに2段階検証が強制されるかどうかを示します。

テキスト

FALSE

Custom Schema Name(カスタムスキーマ名)

ユーザーのカスタムスキーマ。

テキスト

FALSE

Custom Field Name(カスタムフィールド名)

ユーザーのカスタムフィールド。

テキスト

FALSE

Search Criteria(検索条件)

Record Limit(レコード制限)

ストリーミングするレコードの数を指定します。

  • [制限]フィールドを0に設定すると、レコードは返されません。

  • [制限]フィールドに0より大きい値を設定すると、最大で指定された最大レコード数までのレコードが返されます。

  • [制限]フィールドが空、null、または未選択の場合、すべてのレコードが返されます。

  • デフォルト値は500000(50万)です。

  • 有効な範囲は1500000です。

このフィールドは、[Result Set(結果セット)]オプションで[一致レコードのストリーミング]を選択した場合に表示されます。

数値

Streaming(ストリーミング)

Flow(フロー)

[Choose Flow(フローの選択)]をクリックし、検索結果がストリーミングされるヘルパーフローを参照および選択して、[Choose(選択)]をクリックして確定します。

オプションとして、[Click or drop here to create(クリックまたはここにドロップして作成)]の下の空のフィールドをクリックし、データをヘルパーフローに渡すカスタム拡張可能フィールドを追加します。これらのフィールドは、ヘルパーフロー内の[State(状態)]出力オブジェクトの下にキーと値のペアとして追加されます。

フロー

出力

フィールド 定義 タイプ

結果

User ID(ユーザーID)

ユーザーの一意識別子。

テキスト

ETag

リソースのETag。

テキスト

First Name(名)

ユーザーの名。

テキスト

Last Name(姓)

ユーザーの姓。

テキスト

Notes(注記)

ユーザーのメモ。

テキスト

Is Admin?(管理者?)

ユーザーにスーパー管理者権限があるかどうかを示します。

このフィールドは、Make User Adminアクションカードでのみ編集できます。

True/False

Is Delegated Admin?(代理管理者?)

ユーザーが代理管理者であるかどうかを示します。

APIは代理管理者をサポートしますが、ユーザーの作成または復活を行ったりユーザーを管理者にしたりすることはできません。APIは、このようなリクエストを無視します。

管理者のロールと権限の割り当てにはAdmin Consoleが使用されます。

True/False

Change Password At Next Login?(次回ログオン時にパスワードを変更?)

ユーザーの次回のサインイン時にパスワードの変更が強制されるかどうかを示します。

SSOにサードパーティIDプロバイダーが構成されている場合は適用されません。

True/False

Agreed to Terms?(条件に同意?)

ユーザーが初期サインインフローを完了し、サービス契約の条件に同意したかどうかを示します。

True/False

IP Allow Listed?(IPリストを許可?)

ユーザーのIPアドレスが許可リストに含まれているかどうかを示します。

True/False

Suspended?(一時停止?)

ユーザーが一時停止されているかどうかを示します。

True/False

Suspension Reason(一時停止の理由)

一時停止時に管理者またはGoogleによってユーザーが一時停止された理由。

有効な状態は次のとおりです。

  • ABUSE

  • ADMIN

  • UNDER13

  • WEB_LOGIN_REQUIRED

テキスト

Organizational Unit Path(組織単位パス)

ユーザーが関連付けられている組織への完全パス。

ユーザーがアクセスできるGoogle Workspaceサービスは、ユーザーの組織単位によって決まります。ユーザーが新しい組織に移動すると、ユーザーのアクセス権は変更されます。

完全パスには先頭のスラッシュ(/)が必要です。

たとえば、組織単位が/corp/salesの下のsales_supportであれば、組織単位の完全パスは/sales/sales_supportとなります。組織キー(corp)は必要ありません。

テキスト

Customer ID(顧客ID)

すべてのアカウントユーザーを取得するための顧客ID。

テキスト

Is Enrolled in 2SV?(2SVで登録?)

ユーザーが2段階検証で登録されるかどうかを示します。

True/False

Is Enforced in 2SV?(2SVを強制?)

ユーザーに2段階検証が強制されるかどうかを示します。

True/False

Is Mailbox Setup?(メールボックスのセットアップ?)

ユーザーのGoogleメールボックスが作成されているかどうかを示します。

True/False

Custom Fields(カスタムフィールド)

ユーザーのカスタムスキーマに存在するすべてのフィールド。

テキスト

Aliases(エイリアス)

エイリアスメールアドレス。

テキストのリスト

IMs(IM)

IM Network ID(IMネットワークID)

ユーザーのIMアカウント。ユーザーは複数のIMアカウントを持つことができますが、プライマリは1つのみです。

テキスト

Type(タイプ)

IMアカウントタイプ:

  • home

  • work

  • custom

  • other

テキスト

Custom Type(カスタムタイプ)

必須。IMタイプがcustomの場合はユーザー定義の値。

テキスト

Protocol(プロトコル)

IMネットワーク(カスタムネットワークまたは標準ネットワーク)。

テキスト

Custom Protocol(カスタムプロトコル)

必須。プロトコルがcustomの場合はユーザー定義の値。

テキスト

Primary?(プライマリ?)

これがユーザーのプライマリIMであるかどうかを示します。

True/False

Emails(メール)

Email Address(メールアドレス)

ユーザーのメールアドレス。

テキスト

Type(タイプ)

メールアカウントタイプ:

  • home
  • work
  • custom
  • other

ドロップダウン

Custom Type(カスタムタイプ)

必須。メールアドレスタイプがcustomの場合はユーザー定義の値。

テキスト

Primary?(プライマリ?)

これがユーザーのプライマリメールアドレスであるかどうかを示します。

True/False

External IDs(外部ID)

External ID(外部ID)

IDの値。

テキスト

Type(タイプ)

外部IDのタイプ:

  • account
  • custom
  • customer
  • login_ID
  • network
  • organization

テキスト

Custom Type(カスタムタイプ)

必須。アドレスタイプがcustomの場合はユーザー定義の値。

テキスト

Relations(関連)

Relation Name(関連名)

ユーザーが関連する人物の名前。

テキスト

Type(タイプ)

関連のタイプ:

  • admin_assistant
  • assistant
  • brother
  • child
  • custom
  • domestic_partner
  • dotted_line_manager
  • exec_assistant
  • father
  • friend
  • manager
  • mother
  • parent
  • partner
  • referred_by
  • relative
  • sister
  • spouse

テキスト

Custom Type(カスタムタイプ)

必須。関連タイプがcustomの場合はユーザー定義の値。

テキスト

Addresses(住所)

Street(番地)

ユーザーの住所の番地部分。

テキスト

PO Box(私書箱)

ユーザーの私書箱。

テキスト

City(市町村)

ユーザーの住所の市。

テキスト

Region(地域)

ユーザーの住所の都道府県。

テキスト

Country(国)

ユーザーの住所の国。

テキスト

Country Code(国コード)

ユーザーの住所の国の電話プレフィックス(ISO 3166-1標準)。

テキスト

Extended Address(拡張住所)

小地域を含む住所の拡張フィールド。

テキスト

Formatted Address(フォーマット済み住所)

住所の形式化版。

テキスト

Type(タイプ)

住所のタイプ:

  • home
  • work
  • custom
  • other

ドロップダウン

Custom Type(カスタムタイプ)

必須。アドレスタイプがcustomの場合はユーザー定義の値。

テキスト

Primary?(プライマリ?)

これがユーザーのプライマリアドレスであるかどうかを示します。

True/False

Organizations (組織)

Organization Name

組織の名前。

テキスト

Description(説明)

組織の説明。

テキスト

Department(部署)

ユーザーが関連付けられている組織内の部門(たとえば、営業技術など)。

テキスト

Job Title(役職名)

ユーザーの組織内の役職名(たとえば、メンバーエンジニアなど)。

テキスト

Location(ロケーション)

組織の物理的な位置。住所である必要はありません。

テキスト

Symbol(シンボル)

組織のテキスト文字列シンボル(たとえば、GoogleのシンボルのGOOG)。

テキスト

Cost Center(コストセンター)

ユーザーの組織のコストセンター。

テキスト

Domain(ドメイン)

組織が属するドメイン。

テキスト

Type(タイプ)

組織のタイプ。

テキスト

Custom Type(カスタムタイプ)

必須。アドレスタイプがcustomの場合はユーザー定義の値。

テキスト

Primary?(プライマリ?)

これがユーザーのプライマリ組織であるかどうかを示します。

True/False

Phones(電話)

Phone Number(電話番号)

人間が判読可能な電話番号(任意の電話番号形式)。

テキスト

Type(タイプ)

電話番号のタイプ:

  • assistant
  • callback
  • car
  • company_main
  • custom
  • grand_central
  • home
  • home_fax
  • isdn
  • main
  • mobile
  • other
  • other_fax
  • pager
  • radio
  • telex
  • tty_ttd
  • work
  • work_fax
  • work_mobile
  • work_pager

テキスト

Custom Type(カスタムタイプ)

必須。電話タイプがcustomの場合はユーザー定義の値。

テキスト

Primary?(プライマリ?)

これがユーザーのプライマリ電話番号かどうかを示します。

True/False

Websites(Webサイト)

Website URL(WebサイトURL)

WebサイトのURL。

テキスト

Type(タイプ)

Webサイトのタイプまたは目的:

  • app_install_page
  • blog
  • custom
  • ftp
  • home
  • home_page
  • other
  • profile
  • reservations
  • resume
  • work

テキスト

Custom Type(カスタムタイプ)

必須。Webサイトタイプがcustomの場合はユーザー定義の値。

テキスト

Primary?(プライマリ?)

これがユーザーのプライマリWebサイトであるかどうかを示します。

True/False

Records Streamed(ストリーミングしたレコード)

ストリーミングフロー内でストリーミングされたレコードの数。

このフィールドは、[Result Set(結果セット)]オプションで[一致レコードのストリーミング]を選択した場合に表示されます。

数値

関連項目

Google Workspace Adminコネクター

Workflows要素

Google Workspace APIのドキュメント