Read User(ユーザーの参照)

Greenhouse内の特定のユーザーIDの詳細を取得します。

オプション

フィールド 定義 タイプ 必須

Read By(参照条件)

ユーザーレコードを識別する1つのオプションを選択します。3つのオプションがあります。

  • [User ID(ユーザーID)]GreenhouseユーザーID

  • [Email(メール)]Greenhouseに保存されているユーザーのメールアドレス

  • [Employee ID(従業員ID)]:ユーザーの従業員ID(利用可能な場合)

ユーザーのアカウントに割り当てられたすべてのメールアドレスは、アクションのルックアップに利用できます。ただし、メールアドレスを複数のユーザーアカウントに含めることはできません。

ドロップダウン

TRUE

入力

入力セクションには、[Update By(更新者)]オプションの選択内容に基づいて、次のフィールドのいずれか1つが表示されます。

フィールド 定義 タイプ 必須

ID

ユーザーの一意識別子。

数値

TRUE

Email(メール)

このユーザーに関連付けられた任意のメールアドレス。

テキスト

TRUE

Employee ID(従業員ID)

ユーザーの一意の外部ID。

テキスト

TRUE

出力

フィールド 定義 Type(タイプ)

Basic Information(基本情報)

ID

ユーザーの一意識別子。

数値

Name(名前)

ユーザーの名前。

テキスト

First Name(名)

ユーザーの名。

テキスト

Last Name(姓)

ユーザーの姓。

テキスト

Primary Email Address(プライマリーメールアドレス)

このユーザーがプライマリアドレスとして指定したメールアドレス。

この値は[Emails(メール)]の結果に含まれます。

テキスト

Updated At(更新日時)

オブジェクトが更新された日時。

日時

Created At(作成日時)

オブジェクトが作成された日時。

日時

Disabled(無効)

ユーザーが無効化されている場合はtrueが返されます。

True/False

Site Admin(サイト管理者)

ユーザーがサイト管理者である場合はtrueが返されます。

True/False

Emails(メール)

このユーザーに関連付けられたメールアドレスのリスト。

テキストのリスト

Employee ID(従業員ID)

ユーザーの一意の外部ID。

テキスト

Linked Candidate IDs(リンクされた候補者ID)

このユーザーの個人アプリケーションが含まれる候補者レコードのIDが含まれます。このユーザーの個人面接レコードなどの情報が含まれるレコードです。

数値のリスト

Offices(事務所)

このユーザーに関連付けられた事務所が含まれる配列。

オブジェクトのリスト

Departments(部署情報)

このユーザーに関連付けられた部署が含まれる配列。

オブジェクトのリスト

Custom Fields(カスタムフィールド)

30 custom fields for User records(ユーザーレコードの30のカスタムフィールド)

実際のカスタムフィールド定義に基づきます。

実際のカスタムフィールドタイプによって異なる

All Custom Fields(すべてのカスタムフィールド)

このユーザーのすべてのカスタムフィールドが含まれる未加工ペイロード。

オブジェクト

一般的なカスタムフィールドを容易に取得できるように、このカードには[カスタムフィールド]出力グループに一覧表示される30の個別フィールドがあります。

返されるこれら30のカスタムフィールドは、[ユーザーのカスタムオプション]構成ページに表示される順序で上位30のカスタムフィールドです。この順序は、特定のユーザーを編集する際に情報ページに表示されるカスタムフィールドの順序とも同じです。

既存のカスタムフィールドが500を上回り、500より上の位置から最初の30フィールド内に手動で移動した場合、30のカスタムフィールド出力には含まれない可能性があります。この場合、Object Get関数カードを使って[All Custom Fields(すべてのカスタムフィールド)]出力内の任意のカスタムフィールドを特定できます。

関連項目

Greenhouseコネクター

Workflows要素

Greenhouse Harvest API