チャンネルを作成する

Microsoft Teamsチャンネルを作成します。

入力

フィールド 定義 タイプ Required (必須)
Team(チーム)
ID チームの一意のID。 文字列 TRUE
Channel(チャンネル)
Display Name(表示名) チャンネルの表示名。最大文字数は50です。 文字列
説明 チャンネルの説明。 文字列
Is Favorite By Default(デフォルトのお気に入り) Trueの場合、チームのすべてのメンバーでこのチャンネルが自動的にfavorite(お気に入り)とマークされます。 ブール値
Membership Type(メンバーシップタイプ) チャンネルのタイプ。取り得る値は次のとおりです。
  • Standard - チャンネルは親チームの全メンバーのリストを継承します。

  • Private - チャンネルは親チームの全メンバーのサブセットをメンバーとして取ることができます。チームあたりのプライベートチャンネル数は30に制限されます。

  • メンバーを追加できるのはプライベートチャンネルのみです。

  • メンバーを削除できるのはプライベートチャンネルからのみです。

ドロップダウン
User IDs(ユーザーID) ユーザーの一意識別子。
  • ユーザーを追加できるのはプライベートチャンネルのみです。

  • ユーザーを削除できるのはプライベートチャンネルからのみです。

文字列のリスト

メンバーシップタイプでは、プライベートチャンネルを作成するときにチーム全体がチャンネルのメンバーとして追加されます。しばらくすると、Workflows接続を作成したユーザーがチャンネルの所有者として割り当てられます。

出力

フィールド 定義 タイプ
ID チャンネルの一意のID。 文字列
Display Name(表示名) チャンネルの表示名。 文字列
説明 チャンネルの説明。 文字列
メール チャンネルにメッセージを送信するためのメールアドレス。 文字列
Is Favorite By Default(デフォルトのお気に入り) チームのすべてのメンバーでこのチャンネルが自動的にfavorite(お気に入り)と記されるかどうかを指定します。 ブール値
Web URL Microsoft Teamsクライアント内のチームにアクセスするハイパーリンク。Microsoft Teamsクライアントでチームを右クリックし、[Get link to team(チームへのリンクを取得)]を選択すると得られるURLです。 文字列
Membership Type(メンバーシップタイプ) チャンネルのタイプを指定します。取り得る値はStandardPrivateです。 文字列
Created Date Time(作成日時) チャンネルの作成日時。 日時
Status Code(ステータスコード)

操作の結果。コネクターは、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示す、HTTPステータスコードを返します。例:

  • 201 Createdステータスコードは、アクションが成功し、新しいリソースが作成されたことを示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「HTTPステータスコード」を参照してください。

数値

追加情報

  • ユーザーはプライベートチャンネルのみに追加してください。

  • プライベートチャンネルに追加されるすべてのユーザーは、事前にチームのメンバーになっている必要があります。

  • プライベートチャンネルから削除できるのは、事前にプライベートチャンネルに追加されたユーザーのみです。

  • カードに渡されるすべてのユーザーIDがプライベートチャンネルの所有者となります。

  • Workflows接続の作成に使用されたユーザーアカウントは、コネクタによってユーザーリストに自動的に追加されます。接続ユーザーのユーザーIDに渡す必要はありません。

関連項目

Microsoft Teamsコネクター

Workflows要素

Microsoft Teamsコネクターに関するガイダンス

Microsoft Teams APIの概要