チャンネルを作成する

Microsoft Teamsチャンネルを作成します。

入力

フィールド 定義 タイプ 必須
Team(チーム)
ID チームの一意のID。 文字列 TRUE
Channel(チャンネル)
Display Name(表示名) チャンネルの表示名。最大文字数は50です。 文字列 TRUE
説明 チャンネルの説明。 文字列 FALSE
Is Favorite By Default(デフォルトのお気に入り) Trueの場合、チームのすべてのメンバーでこのチャンネルが自動的にfavoriteとマークされます。 ブール値 FALSE
Membership Type(メンバーシップタイプ) チャンネルのタイプ。取り得る値は次のとおりです。
  • Standard - チャンネルは親チームの全メンバーのリストを継承します。

  • Private - チャンネルは親チームの全メンバーのサブセットをメンバーとして取ることができます。チームあたりのプライベートチャンネル数は30に制限されます。

  • メンバーを追加できるのはプライベートチャンネルのみです。

  • メンバーを削除できるのはプライベートチャンネルからのみです。

ドロップダウン TRUE
User IDs(ユーザーID) ユーザーの一意識別子。
  • ユーザーを追加できるのはプライベートチャンネルのみです。

  • ユーザーを削除できるのはプライベートチャンネルからのみです。

文字列のリスト TRUE

メンバーシップタイプでは、プライベートチャンネルを作成するときにチーム全体がチャンネルのメンバーとして追加されます。しばらくすると、Workflows接続を作成したユーザーがチャンネルの所有者として割り当てられます。

出力

フィールド 定義 タイプ
ID チャンネルの一意のID。 文字列
Display Name(表示名) チャンネルの表示名。 文字列
説明 チャンネルの説明。 文字列
メール チャンネルにメッセージを送信するためのメールアドレス。 文字列
Is Favorite By Default(デフォルトのお気に入り) チームのすべてのメンバーでこのチャンネルが自動的にfavoriteと記されるかどうかを指定します。 ブール値
Web URL Microsoft Teamsクライアント内のチームにアクセスするハイパーリンク。Microsoft Teamsクライアントでチームを右クリックし、[Get link to team(チームへのリンクを取得)]を選択すると得られるURLです。 文字列
Membership Type(メンバーシップタイプ) チャンネルのタイプを指定します。取り得る値はStandardPrivateです。 文字列
Created Date Time(作成日時) チャンネルの作成日時。 日時
Status Code(ステータスコード) 操作の結果。コネクターは、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示す、HTTPステータスコードを返します。例:
  • 201 Createdステータスコードは、アクションが成功し、新しいリソースが作成されたことを示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「HTTPステータスコード」を参照してください。

数値

追加情報

  • ユーザーはプライベートチャンネルのみに追加してください。

  • プライベートチャンネルに追加されるすべてのユーザーは、事前にチームのメンバーになっている必要があります。

  • プライベートチャンネルから削除できるのは、事前にプライベートチャンネルに追加されたユーザーのみです。

  • カードに渡されるすべてのユーザーIDがプライベートチャンネルの所有者となります。

  • Workflows接続の作成に使用されたユーザーアカウントは、コネクタによってユーザーリストに自動的に追加されます。接続ユーザーのユーザーIDに渡す必要はありません。

関連項目

Microsoft Teamsコネクター

Workflows要素

Microsoft Teamsコネクターに関するガイダンス

Microsoft Teams APIの概要