Organization共有リンクの作成

OneDrive内のドライブアイテムのOrganizationまたは匿名共有リンクを作成します。

オプション

フィールド 定義 タイプ 必須
Source(ソース)

ソースを選択します。

  • [My Drive(マイドライブ)]:認証済みユーザーのOneDrive
  • [Drive ID(ドライブID)]:ドライブの一意のIDで指定されたドライブ。
  • [Group ID(グループID)]:グループの一意のIDで指定されたグループのグループ用ドキュメントライブラリ。
  • [User ID(ユーザーID)]:ユーザーの一意のIDで指定されたユーザー。
ドロップダウン TRUE
スコープ 共有リンクのスコープのタイプを選択します。
  • [Organization]:Organization(テナント)にサインインしているすべてのユーザーはリンクを使用してアクセス権を取得できます。OneDrive for Businessでのみ使用できます。

  • [Anonymous(匿名)]:リンクを持っているすべてのユーザーは、サインイン不要でアクセス権を持ちます。この中にはOrganization外の人が含まれる可能性があります。匿名リンクのサポートは管理者によって無効化される場合があります。

ドロップダウン TRUE

入力

フィールド 定義 タイプ 必須
Drive(ドライブ)
Drive ID(ドライブID)

要求されたドライブの一意のID。

[Source(ソース)]オプションから[Drive ID(ドライブID)]が選択された場合に表示されます。

文字列 TRUE
Group(グループ)
Group ID(グループID)

ドキュメントライブラリを所有するグループの一意のID。

[Source(ソース)]オプションから[Group ID(グループID)]が選択された場合に表示されます。

文字列 TRUE
ユーザー
User ID(ユーザーID)

ドライブアイテムを所有するユーザーオブジェクトの一意のID。

[Source(ソース)]オプションから[User ID(ユーザーID)]が選択された場合に表示されます。

文字列 TRUE
Drive Item(ドライブアイテム)
File or Folder ID(ファイルまたはフォルダーID) ファイルまたはフォルダーの一意のID。 文字列 TRUE
Permissions(権限)
Roles(ロール) ロールの権限のタイプは次のとおりです。

[Read(参照)]:アイテムのメタデータとコンテンツを読み取ることができます。

[Write(更新)]:アイテムのメタデータとコンテンツを参照、変更することができます。

ドロップダウン TRUE
Password(パスワード) 作成者によって設定される共有リンクのパスワード。

[Scope(スコープ)]オプションから[Anonymous(匿名)]が選択された場合に表示されます。

文字列 FALSE
Expiration Date(有効期限) 権限の有効期限を示します。
たとえば、yyyy-MM-ddTHH:mm:ssZなど。

[Scope(スコープ)]オプションから[Anonymous(匿名)]が選択された場合に表示されます。

Date and Time(日時) FALSE

出力

フィールド 定義 タイプ
Sharing Link(共有リンク) 共有アイテムにアクセスするために使用できる共有リンク。 文字列
Permissions(権限)
Permission ID(権限ID) アイテムに関するすべての権限における権限の一意識別子。 文字列
Roles(ロール) ユーザー権限のタイプ。 文字列のリスト
Link(リンク) リンクタイプ権限の場合、現在の権限のリンク詳細を提供します。 文字列
Expiration Date(有効期限) 権限の有効期限を示します。
たとえば、yyyy-MM-ddTHH:mm:ssZなど。
Date and Time(日時)
Has Password?(パスワードあり?) この権限にパスワードが設定されている場合はTrue。それ以外の場合はFalse ブール値
Raw Data(未加工データ) この特定のアクションに対してMicrosoft Graph APIから返される未加工のJSONペイロード。 オブジェクト

追加情報

デフォルトでは、グループ内のファイルまたはフォルダーに対して匿名タイプの共有リンクを作成できません。匿名共有リンクはOrganization内のファイルまたはフォルダーにのみ作成できます。

関連項目

OneDriveコネクター

Workflows要素

OneDriveコネクターに関するガイダンス

Microsoft Graph APIドキュメント