Create Schedule Rotation(スケジュールローテーションの作成)

Opsgenieで特定のスケジュールローテーションを作成します。

注

このカードのOpsgenie接続を作成するために使用されるAPIキーがチーム固有でないことを確認します。そうでない場合、このカードの[Team ID(チームID)]または[Team Name(チーム名)]フィールドのすべての値はチーム固有のAPIキーで指定されるチームをオーバーライドしません。Opsgenie APIキー管理ページでAPIキーを作成・管理することをお勧めします。

オプション

フィールド 定義 タイプ 必須
Schedule Identifier(スケジュール識別子) チームのスケジュール識別子のタイプ。以下のいずれかのオプションを選択します。
  • Schedule ID(スケジュールID):スケジュールの一意のID。
  • Schedule Name(スケジュール名):スケジュールの名前。
ドロップダウン TRUE
Add Time Restrictions?(時間制限の追加?) 時間制限が追加されるかどうかを指定します。以下のいずれかのオプションを選択します。
  • No(いいえ):時間制限は追加されません。
  • Time Only(時刻のみ):スケジュールローテーションを週の一定の時刻に限定します。
  • Day and Time(曜日と時刻):スケジュールローテーションを週の特定の曜日と時刻に基づいて限定します。
ドロップダウン TRUE

入力

これらのフィールドは、オプションで選択されたフィールドに基づいて動的に生成されます。

フィールド 定義 タイプ 必須
Rotation(ローテーション)
Time Restrictions(時間制限) 週の各曜日に対する複数の開始および終了時刻を使用し、スケジュールローテーションを週の特定の曜日と時刻に限定するために使用されます。これにより、さまざまな時間にさまざまなスケジュールローテーションを適用できます。

[Add Time Restrictions?(時間制限の追加?)]オプションで[Time Only(時刻のみ)]が選択された場合、次のオプションが使用可能です。時間は切り捨てられ、分は最も近い00/30に丸められます。

  • startHour:0~23
  • startMinute:00または30
  • endHour:0~23
  • endMinute:00または30

例:

コピー
{
"startHour": 5
"startMin": 30
"endHour": 16
"endMin": 0
}

[Add Time Restrictions?(時間制限の追加?)]オプションで[Day and Time (曜日と時刻)]が選択された場合、次のオプションが使用可能です。曜日と時刻の両方のオプションが必要です。

  • startDay:monday~sunday (月曜日~日曜日)
  • startHour:0~23
  • startMinute:00または30
  • endDay:monday~sunday (月曜日~日曜日)
  • endHour:0~23
  • endMinute:00または30

例:

コピー
[
{
"startDay":"monday",
"endDay":"tuesday",
"startHour":8,
"endHour":18,
"startMin":0,
"endMin":30
},
{
"startDay":"thursday",
"endDay":"sunday",
"startHour":6,
"endHour":8,
"startMin":0,
"endMin":30
}
]
オブジェクト TRUE
Schedule ID(スケジュールID) スケジュールの一意のID。

このフィールドは、[Schedule Identifier (スケジュール識別子)]オプションから[Schedule ID(スケジュールID)]が選択された場合に表示されます。

文字列 TRUE
Schedule Name(スケジュール名) スケジュールの名前。

このフィールドは、[Schedule Identifier(スケジュール識別子)]オプションから[Schedule Name(スケジュール名)]が選択された場合に表示されます。

文字列 TRUE
Name(名前) 新規スケジュールローテーションの名前。
文字列 FALSE
Start Date(開始日) ローテーションの開始日。日付形式はyyyy-MM-dd'T'HH:mm:ssZ(例:2017-01-15T08:00:00+02:00)。分は値として0または30を取ることができます。それ以外の場合、最も近い0または30に自動的に変換されます。 日時 TRUE
End Date(終了日) ローテーションの終了日。日付形式はyyyy-MM-dd'T'HH:mm:ssZ(例:2017-01-15T08:00:00+02:00)。分は値として0または30を取ることができます。それ以外の場合、最も近い0または30に自動的に変換されます。 日時 FALSE
タイプ ローテーションの期間。以下のいずれかのオプションを選択します。
  • Hourly(毎時)

  • Daily(毎日)

  • Weekly(毎週)

ドロップダウン TRUE
Length(長さ) ローテーションの長さ。デフォルト値は1です。 数値 FALSE
Participant(参加者) スケジュールで使用されるエスカレーション、チーム、ユーザーのリスト、またはなし。各参加者は複数回使用することが可能で、指定された順序でローテーションされます。

ユーザーとチームの場合、オプションでIDまたはユーザー名のプロパティーを定義します。

例:

コピー
[
{
"type":"escalation",
"id":"3f145401-e6f3-428f-9f3c-41b0e1d172d5",
"name":"Team 2_escalation"
},
{
"type":"user",
"id":"d92b2aa1-4bc8-481b-a30e-4f19e5a27f83",
"username":"johnathan.doe@okta.com"
},
{
"type":"team",
"id":"d00f95c1-2cce-4110-adbc-2ceca786c305",
"username":"lily.doe@okta.com"
},
{
"type":"none"
}
]
オブジェクトの配列 FALSE

出力

フィールド 定義 タイプ
Status Code(ステータスコード) 操作の結果。コネクターは、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示す、HTTPステータスコードを返します。例:
  • 201 Createdステータスコードは、アクションが成功し、新しいリソースが作成されたことを示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「HTTPステータスコード」を参照してください。

数値
Result(結果) API呼び出しの結果。

たとえば、[Deleted(削除済み)]など。

文字列
Rotation ID(ローテーションID) 新規スケジュールローテーションの名前。 文字列
Name(名前) 新規スケジュールローテーションの名前。 文字列

関連項目

Opsgenieコネクター

Workflows要素

Opsgenie APIの概要