Send Ephemeral Message(エフェメラルメッセージの送信)

Slackチャネルにエフェメラルメッセージを送信します。エフェメラルメッセージは、1人のユーザーにのみ一時的に表示されます。エフェメラルメッセージは、Slackの会話の他のメッセージと似ていますが、会話内の1人のユーザーのみに表示され、リロード後はデスクトップアプリとモバイルアプリ、またはセッション間で保持されません。

メッセージの送信者と受信者はともにチャネルのメンバーである必要があります。ボットとして、または自分のIDからメッセージを送信できます。

ボットとしてメッセージを送信する場合、チャネルイベントで新規メッセージを探すOkta Workflowsをトリガーします。チャネル通知の受信登録をしている場合、ボットとしてメッセージを送信した際に通知が送られてきます。自分のIDから送信してもOkta Workflowsや通知はトリガーされません。

オプション

フィールド 定義 タイプ 必須
Channel(チャネル) 利用可能なチャネルのリスト。メンバーはメッセージを投稿できる必要があります。

このフィールドには、最大200のパブリックチャネルと200のプライベートチャネルが表示されます。パブリック(またはプライベート)チャネルの数が200以下である場合でも、APIの制限によって一部のチャネルが[Channel(チャネル)]ドロップダウンリストに表示されない場合があります。

ドロップダウンには、Slack接続を作成したユーザーがメンバーである、アーカイブ解除されたチャネルのみが表示されます。一覧表示されていないパブリック(またはプライベート)チャネルを指定するには、[チャネルIDの入力]オプションを選択し、[Channel ID(チャネルID)]を入力します。

障害が発生し、ドロップダウンにチャネルが1つも表示されない場合は、[チャネルIDの入力]オプションのみが表示されます。

ドロップダウン TRUE
Send as Bot?(ボットとして送信?) ボットからメッセージを送信するかどうかを示す(オプションは、ボットからメッセージを送信する[Yes(はい)]と、自分のIDから送信する[No(いいえ)] ドロップダウン TRUE
Field Type(フィールドタイプ) エフェメラルメッセージの送信にUser IDまたはUsernameのどちらを使用するかを選択します。

Username(ユーザー名)を選択すると、ユーザー数の多いOrganizationでは実行に時間がかかる場合があります。実行時間を短縮するには、代わりにUser ID(ユーザーID)を選択します。

ドロップダウン TRUE
Message Type(メッセージタイプ) メッセージの形式。オプションはPlain TextBlocksです。「ブロックのレイアウト」を参照してください。 ドロップダウン TRUE

入力

フィールド 定義 タイプ 必須
Channel(チャネル)]([Channel(チャネル)]でEnter Channel ID(チャネルIDの入力) が選択されている場合)
Channel ID(チャネルID)またはName(名前) Slackチャネルの一意の識別子、または割り当てられた名前。
注意

ボットとしてプライベートチャネルにメッセージを送信するには、チャネルIDを指定する必要があります。チャネルの名前しか判明していない場合は、このメッセージを送信する前に、ボットを手動でチャネルに招待します。これを行わないとエラーが返されます。

文字列 TRUE
Channel Type(チャネルタイプ) 選択したチャネルのタイプを示します。オプションはPublicPrivateです。

ボットとしてプライベートチャネルにメッセージを送信するには、Okta Workflows Slackアプリ(プレビューまたは本番Org用)をプライベートチャネルに招待する必要があります。これを行わないと、400 - Channel Not Found(チャネルが見つかりません)エラーが返されます。

ドロップダウン FALSE
ユーザー
User ID(ユーザーID)

ユーザーの一意識別子。

このフィールドは、[Field Type(フィールドタイプ)]User IDに設定されている場合に表示されます。
文字列 TRUE
Username(ユーザー名) Slackユーザーのユーザー名。このフィールドは、[Field Type(フィールドタイプ)]Usernameに設定されている場合に表示されます。 文字列 TRUE
Message(メッセージ) [Message Type(メッセージタイプ)]Plain Textの場合)
Text(テキスト)

メッセージのテキスト。メッセージには以下を含めることができます。

  • 絵文字(:owl:として)

  • チャネル名(#channelnameとして)

  • グループ名(@slack_ownersとして)

  • 特定のユーザー(<@slack_user_id>として)

  • コマンド(/commandとして)

文字列 TRUE
Thread Timestamp(スレッドタイムスタンプ)

別のメッセージのts値のタイムスタンプ。「個別のメッセージの取得」を参照してください。

Note(注):返信からのts値は絶対に使用しないでください。代わりに、返信の親のts値を使用してください。

文字列 FALSE
Message(メッセージ) [Message Type(メッセージタイプ)]Blocksの場合)
Blocks(ブロック) メッセージを構成するブロック。[+ click to add item(+ クリックしてアイテムを追加)] をクリックして、ブロックを追加します。「ブロックのレイアウト」を参照してください。 文字列 TRUE
Notification Message(通知メッセージ) 通知に表示するフォールバック文字列。 文字列 FALSE
Thread Timestamp(スレッドタイムスタンプ)

別のメッセージのts値のタイムスタンプ。「個別のメッセージの取得」を参照してください。

Note(注):返信からのts値は絶対に使用しないでください。代わりに、返信の親のts値を使用してください。

文字列 FALSE
Slackbot ]([Send as Bot?(ボットとして送信?)]がTrueの場合)
Name(名前) メッセージの送信者として指定する名前。 文字列 FALSE
Icon Emoji(アイコン絵文字) コロンショートコードを使用して指定される、メッセージのプロフィール写真として使用する絵文字。たとえば、:owl:など。 文字列 FALSE
Icon URL(アイコンURL) メッセージのプロフィール写真として使用するアイコン画像へのURL。URLが指定されない場合、デフォルトのボットアイコンが使用されます。[Icon Emoji(アイコン絵文字)]で何らかの値が指定されている場合は、その値がこのフィールドに設定されているURLをオーバーライドします。 文字列 FALSE

出力

フィールド 定義 タイプ
Timestamp (タイムスタンプ) メッセージ送信時のタイムスタンプ。 文字列

関連項目

Slackコネクター

Workflows要素

Slack API